団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

タグ:築地 ( 7 ) タグの人気記事

自転車買出し

東北・関東大地震は当初のM8,8をM9,0に修正しました。スマトラ地震・チリ地震などの世界規模の大地震と同レベルの大地震だったわけです。
東北地方をはじめとする被災地のみなさんには心からお見舞い申し上げます。
天気予報を見ると火曜日は雨になるとの予報が出ていました。(実際には降らなかったじゃん)従って月曜日に築地への買出しを敢行。
交通機関は運行しているものの間引きとか普段の50~60%とかで混雑&時間的にあてにならないと思い、自転車にて買出しに。店(目黑区)~築地まで片道60分。以前ポタリングで買出しに行ったルートを思い出し、出来るだけ坂道を避け出発。わき道から第一京浜に出ると車道&歩道と自転車族の多いこと。ルール無視で走り去る人もいれば、あまり乗りなれていなくやむを得ず乗っているあぶなっかしい人などがあふれています。
五反田からソニー通りを上がり高輪へ(ここらでちょうど半分くらい)この坂(御殿山を登る)がきつい。そのあと品川~田町~浜松町~新橋~銀座~築地と快調に走り無事買出し完了(築地の各店舗は古い建物が多く、また商品も所狭しと並んでいる店が多く地震の被害が心配されましたが、各店舗ほとんど被害なし。よかったね)帰りは浜離宮から海岸通~芝~ギョラン坂~白金~目黑~店(ギョラン坂から白金の登りはキツイ、自転車はキィキィ悲鳴をあげていました)
往復約2時間の自転車こぎ。カロリー計算をすると700カロリーくらい消費している計算になります。
(疲れたのであんぱん2個食べてしまい足し引き200カロリーの消費)
f0138653_1575136.jpg
坂道を一気に!
f0138653_1581254.jpg
f0138653_1582987.jpg
f0138653_1585316.jpg
荷物がいっぱい
f0138653_1592611.jpg
ちょうどここらが半分
[PR]
by shisenan | 2011-03-15 15:09

年末の築地市場

昨日、本年最後の築地市場買出しに行ってきました。毎度のコトながら市場は大賑わい。一般の方が正月用の食品などを買いにきます。例えば奥様が買出しというとご主人がついてきて荷物もち、したがって1世帯で2人が来ることに。ただでさい年末で混み合うのに2倍の人数がくることになる。店は正月用品を多数並べるため、狭い路にはみだす。そこへ人が何倍もの数で来る。従って大渋滞となる。いつもなら10分でまわれるところが30分かかる。しかし一般の家庭でなんでそんなに購入する必要があるのかヒトゴトながら心配してしまう。「安いよ!今日だけよ!」と大声を張り上げている店。「それ2つちょうだい」とかガンガン売れていく。毎週みているので「今日だけよ」はいつも言っている口上で、はじめての人なら信用してしまうのかも。
すし屋では何十店舗あるなかで、うちが本店です。本店は一味違いますよ!と言っていた。この口上もいいのか悪いのか?とりあえずこの本店用としては効き目ああったようだけど・・・。(完全なカニバリ)
可笑しかったのは、使い方も解らないの、買うかどうか解らない、団体のおばさまたち。
客、「これなあに?」店員「・・・・・」客、「どうやって調理するの?」店員「・・・・・」客「あなた、聞いてるの?」
店員「・・・・・・」、私「買わないなら、そこどいてください」店員「微笑みながらいらっしゃいませ」
あと3日寝るとお正月(年越し蕎麦の仕込みで今日から徹夜が続きます)
f0138653_172539.jpg
f0138653_17251524.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-12-29 17:25

たばこのお話し

築地に買出しに行くあるお店のお話し。その店はご主人をはじめ従業員の方もたばこ大好き人間。以前からお付き合いいただき、寄るたびにそこで一服(たばこが取り持つ縁・仲間意識・?)みたいな感じでお邪魔していました。その後、私がたばこを止め、買い物がてら休憩のつもりで立ち寄ると、ご主人から「うらぎりもの!」と罵られ冷たい目線が・・。まぁよくやめれたな~ぁの激励のお言葉と受け止めています。先日も「これ見てよ」と指差す方を見れば、何と、分煙のシールが貼られているではありませんか。
「どうしたの?」「うちも分煙することにした」「どこが分煙よ、どこでも吸ってるじゃん」「冷蔵庫のなかは禁煙にしたから、分煙・・・」「?」どうも分煙推進の話しがきて、このご主人なりの解釈でそのようにしたようです。
基本的にはこのお店はどこでも喫煙可能。たばこ好きには天国のようなお店です。そうそう、ご主人のお母様と男性の従業員さんはたばこを吸いません。世の中と逆でこのお店では吸わないことで後ろめたい思いでいるようです。
ここでは私もその一人です。
f0138653_9363626.jpg
f0138653_9365598.jpg
お店の灰皿
f0138653_937147.jpg
紫仙庵は全面禁煙
[PR]
by shisenan | 2010-10-30 09:38

築地の火事騒ぎ

七月十四日の昼下がり、ここ築地はいつになく人が多く(観光客など)買出しの人などは歩くスピードが鈍りかなりの迷惑をこうむっていました。もちろんその中の1人は私です。ひどいときは道を塞がれ(立ち話&品物見物&サンプル試食)進むに進めず大渋滞。
今日もそんな日でした。そこに突然のサイレンがコダマします。大通りを見れば見る見るうちに消防自動車、救急車、パトカーが数十台。消防士は数人がこちらに走ってきます。「火事はどこですか~」「危ないからさがってください」怒号が飛び交います。しかし火事はどこですか?というのも変な話で今までいた私は煙も見ていなければ当然火も見てません。どこも焦げ臭くはありません。そのうち「119番に通報した人名乗り上げてください」とのアナウンスが始まりました。どう見てもいたずら電話のようです。それでなくても人が多く邪魔されて買出しもスムーズに出来ない日に、よりによって火事騒ぎです。しかもそれがガセ。野次馬は集まりゴッタがえし大変な目にあった今日の買出しでした。
f0138653_15503159.jpg

[PR]
by shisenan | 2009-07-15 15:52

つもり違いの10か条

毎週買出しに行っている築地場外にある乾物屋さん「寿屋」のレジの前に面白い張り紙がしてありました。
そこのお姉さま(私より歳上なので)が自分の自戒と社員の教訓のために貼ってあるようです。私も教訓とさせていただきました。いくつか紹介させていただくと*高いつもりで低いのは「教養」・・・言えてるね。*深いつもりで浅いのは「知識」・・・・反省してます。*薄いつもりで厚いのは「面の皮」・・・・これは多少OK。*少ないつもりで多いのは「無駄」・・・これは納得。*浅いつもりで深いのは「欲」・・・いずれも身に覚えがあるものばかりで文字のひとつひとつが身に沁みます。たまに自分を客観的に見つめて足りないものは補い、過剰なことは慎むことが大事。私自身サービス業に身を置き換えてしみじみ思います。昔の私だったら張り紙に目が留まることもなかったでしょうし、教訓じみた言葉には興味も関心もありませんでしたから。人間歳とともに日々成長?
f0138653_12485057.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-29 12:51

行きつけ処シリーズ23 「築地場外市場」

蕎麦店を営むにあたり食材の仕入れのため築地に。しかし冷やかしながらの土産買いには行った事があるが、仕入れとなるとどこにどのように買いに行ったらいいものやら見当が付かなかった。馴染みの割烹料理屋のご主人に案内してもらったり、ロケハンしたり、小口買いして味わったりetc。ここだという店を決め入ってみれば、そこはプロ、初対面であっても長年の付き合いのごとく迎えてくれる。1年がたち、2年・3年と年月経過とともに路地ではだれかが必ず声かけをしてくれる。商売にはシビアだが人情味のあるところである。過日、馴染みの店に仕入れに行けば、そこは大勢の人だかり、TVカメラがまわり赤いコスチュームの綾小路さんがいた。私は店の中に入るに入れず立ち止まっていた。数日後何とかと言う番組の築地を巡る場面で私がバッチリ映っていたらしい。お客様から知人から娘から「出てたよ!」のお知らせが。そこにいた男はかつての物見遊山の客ではなく築地市場と商いをしている人として映っていたことをひたすら願う。市場のf0138653_18501712.jpg移転の話が続いている。(場外は残るといってるが・・)不便になるのは否だなぁ~。
[PR]
by shisenan | 2008-12-06 19:09 | 行きつけ処シリーズ

業界人

毎週2回築地に買出しに行く。もうかれこれ1年半決まった店に買いに行く。あるとき「だんなさん何をなさっている方ですか?」と問われた。「蕎麦屋だけど・・・」「毎週ホームパーティでも開いているのかと・・・」そして、とても飲食関係の人にはみえなかったのでという答えがかえってきた。ためしに他の店に私は何屋(何をしている人)に見える?と聞いてみると
「?」私が蕎麦屋と知っている店で飲食業界の人に見えるか聞いてみると「失礼だから言わなかったけど見えない」とのこと。たしかにその業界に長年いると染み付いた身振り、言葉、カッコウなどそれと解かる人種になる。私がいた広告業界も特殊でその人たちを見れば雰囲気でいまでもわかる。
これはリトマス試験紙のような判別する特殊な雰囲気、かもしだす佇まいなのでしょう。私はいま籍を置いている業界に染まったほうがいいのか、自然と染まるのか、はたまたいつまでも異質な存在のままなのか。これから月日を重ねていくことで答えがでてくると思うが。つまらないことだけどちょっと楽しみな気分。
f0138653_134832.jpg
[PR]
by shisenan | 2007-05-02 23:52