団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

行きつけ処シリーズ48 「林試の森公園」

過日、週刊誌に都内の水辺のある公園というグラビアで「林試の森公園」が紹介されていました。
公園の生い立ちとか歴史はさておいて公園中ほどに水が流れていて池があります。この池にはコイや亀が泳いでいるのが見えます。水がよどんでいるのであと何がいるのかは解りませんが「ザリガニがいるよ!」と近くにいた子供が教えてくれました。どこから飛んできたのかサギのような鳥が水辺に入り餌を啄ばんでいました。水があるとそこには様々な生き物が集まるようです。(そういえば青大将もいました。蛙を狙って来たものと思われます)亀はかなりの数がいるようです。
亀、爬虫類なのに甲羅があり小さいのから2メートルにおよぶ大きなものまで、昔は恐竜とともにいたことも解っているそうです。
亀といえば「ウサギトカメ」のお話しが有名ですね。勤勉にコツコツと地道な生活を歩むことが望ましいというたとえ話です。「一意専心」という言葉にも合い通じます。また、長生きの象徴にも例えられています。
f0138653_12295311.jpg

[PR]
by shisenan | 2009-09-17 12:32 | 行きつけ処シリーズ
<< 林試の森公園彼岸花 新政権発足 >>