団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

誕生日その2

イラストレータのKAOさんが恵比寿ガーデンプレイスにある三越で個展をされていました。
彼女とは彼女が出された「蕎麦飲み散歩」という雑誌に紫仙庵が掲載されて以来のお付き合いです。
当日はそのコーナーにて様々なイベントが行われるとのこと。そのなかで彼女が似顔絵を描いてくれるという趣向がありました。記念すべき?誕生日ですし似顔絵を描いてもらおうとお邪魔しました。
近況など雑談めいたお話をすること数分、はがき大のスペースにインテリ風、訳あり風、怪しい風の似ていると言えば似ている「私」が描かれました。気を遣って可愛くハンサムに描いていただいたのだと思います。早速額に入れて飾ろうと思いましたが、適当な飾るスペースが見当たらずいまは本棚の横に置かれています。
どこに飾ろうか?
f0138653_1265695.jpg

[PR]
by shisenan | 2014-02-28 12:07

誕生日

2月24日は66歳の誕生日。息子夫婦からは和菓子の詰め合わせが、娘夫婦からはスキンケア製品の詰め合わせが届きました。有難いことです。
当日は店が休みの月曜日、大好きな鎌倉に店のお客様がフレンチ&ワインバーをだされています。そこにGO!横須賀線の線路沿い、観光客でにぎわう通りから1本外れています。したがって知る人ぞ知る店ということになります。(どこかの店と同じような???)
ウエルカムシャンパンをごちそうになりコース料理に舌づつみ。ワインも美味しくいただきました。
そして翌日の火曜日は、いきつけの五反田にあるイタリアンにてランチ。誕生日がほぼ同じの奥様とご主人、食べ物&飲み物大好きな我が奥様の4人でお誕生日祝いランチ。これまた絶妙なサラダとパスタ、そしてシャンパン。連日にわたる飲みすぎと食べ過ぎで身体がすこし重くなりました。
f0138653_11482851.jpg
f0138653_11484353.jpg
f0138653_1149145.jpg

[PR]
by shisenan | 2014-02-28 11:50

2月9日東京は大雪

明日は都心でも雪が!というニュースは2度ほど裏切られ(結果オーライでしたが)ましたが今回はドンピシャリ。未明から深々と降り積もり朝起きた時はすでに白銀の世界。
これから雪かき開始。
本日ご予約のお客様は交通の便大丈夫かしら、心配です。
f0138653_11454584.jpg
f0138653_1146099.jpg
f0138653_11461976.jpg
f0138653_11463785.jpg

[PR]
by shisenan | 2014-02-08 11:47 | 紫仙庵

中山カントリークラブ

2月3日、「節分」の日。前回に続き懐かしのゴルフコース第二弾。
千葉県にある中山カントリー。このコースは千葉県でも有名な本格的なゴルフコースです。
前回同様私がゴルフに燃えていた時期、友人がこのコースによく誘ってくれました。千葉県の自宅から1時間圏内の便利な場所。見事なコースレイアウト、多少曲がっても飛んだ人が勝ち・・・。は私にピッタリのコースで大好きなクラブでした。時は流れて数十年・・・・。1番ホールの第1打が飛んでいく脇に御神木があり根元にはお地蔵さんがあります。かつてこの祠にボールが入ってしまったことがありました。このことを思い出しながら第1打を打ちそのちかくにボールがとまっているのを見ると、その懐かしさが蘇えってきます。当時一緒にここでプレイした仲間はすでに他界しましたが、そのときの彼のショットなどが思い出されます。
好調でプレイしてきてこのホールでスコアを崩した、というホールを思い出し、あえて同じ番手のクラブで打ってみました。無謀な挑戦は判っていましたがやはり無情にもボールはバンカーに。
寂しくもあり、懐かしくもあり、そしてなによりも改めてゴルフにやる気を起こさせた日でした。
当日は節分なのにポカポカ陽気で同伴者は半袖でプレイをしていました。

コースの帰りにゴルフ友達行きつけのクラブ修理屋さんに立ち寄りドライバーのリシャフトをお願いしてきました。
次のプレイが楽しみです。
f0138653_11344285.jpg
名物の吊り橋を渡りコースへ
f0138653_1135057.jpg
f0138653_11352433.jpg
当時と同じ練習場
[PR]
by shisenan | 2014-02-08 11:38

霞ヶ浦国際カントリクラブ

ゴルフ仲間からお誘いの連絡が・・・。
こんどの月曜日どうでしょうか?もちろんOK。それでどこのコース?
谷田部の近くの霞ヶ浦国際です。とのお返事を頂き、懐かしさのあまり妙に興奮しました。
このコースは今から20数年前に毎月のように練習に行ったコースです。セミパブリックで都心から近い本格的な林間コース、しかもレイアウトがオーソドックスで素晴らしいコースです。当時は予約が電話のみでなかなか通じず予約を取るのに苦労しました。そして前金を振り込むとやっとプレイ資格がもらえます。何度か通っているうちにキャディマスターと親しくさせてもらいスタートの便宜を図ってもらいました。兎にも角にも思い出がいっぱい詰まったコースです。
当日の驚きはインターが新しくでき全く知らないインターで降りる??道路も新しくなり??なんと山小屋のようなハウスがホテルのようなハウスに??、コースはさほど変化はないものの松の木が少なくなったような気がします。
そして何よりも変わったのが私のゴルフ内容。どのホールもその地に立つと思い出します。しかもかつては何番で打っていたかも蘇えります。現在と昔ではフルバックとレギュラーのティの距離の差が歴然。唖然。
スコアは当時よりちょうど10打くらい多めに打っていました。

親しくさせて戴いたキャデイマスターさんは数年前にお亡くなりになったとか、改めてお悔やみ申し上げます
f0138653_1163358.jpg
f0138653_117385.jpg
新しくなったクラブハウス
f0138653_1171951.jpg
ハウスのなかは動物の剥製が!
f0138653_1173478.jpg
懐かしの一番ホール
f0138653_1174937.jpg
コース内カート乗り入れ可に!
[PR]
by shisenan | 2014-02-08 11:10