団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

等々力渓谷

4月29日は絶好のお出かけ日和。店も休みだし、女房とワンコロリンも来たことだし、近場の「等々力渓谷」に
ミニハイキング。等々力駅より有名なお豆腐屋さんの横を過ぎて渓谷へと降ります。
暖かな外気が渓谷に降り立つと涼しく感じます。ここからはワンコロリンも自分で歩く?はずが「いやだ!」と抱きついてきます。カニヘンダックスなので足が短くぬかるんだ道は嫌いなようです。また遊歩道はすのこ状になっていて隙間から落ちそうになりました。結局だっこ!なんのための散歩なのか。。。
この渓谷は都内(23区)唯一の渓谷で東京都の指定名勝となっています。何年ぶりかで訪れましたが、古くは近くにあった大学時代、直近(3~4年前)ではチャリンコの遠征で、その時に比べて湧水は少なくなっているような気がしました。(時期的なものかもしれません)
周辺の宅地化が進んでも今も森林が残り野鳥の宝庫になっています。少ないとはいえ崖からは水が湧き出ています。等々力駅から約1キロメートル、春の日差しを浴びて新緑を楽しみ、生きたダンベルを持ち歩いた一時でした。
f0138653_13265640.jpg
f0138653_13272081.jpg
f0138653_13272383.jpg
ほとんど「だっこ」
f0138653_13274748.jpg
新緑が眩しい
f0138653_13275031.jpg
等々力不動でお参り
[PR]
by shisenan | 2013-04-30 13:30 | 目黒界隈

ワンウエイゴルフクラブ4月

最近お気に入りのゴルフクラブ、ワンウエイゴルフクラブにお店のお客様と行ってきました。本日は最高のゴルフ日和でした。桜は散りそのあとの新緑が藤の花、シャクナゲの花、などと青空に映えます。
このコースは名匠ピートダイが設計したコースとして有名ですが、当初の面白さ(いやらしさ)トラップは運営をスムーズにするためにか、軽減しています。しかし、そこはピートダイです。やさしいようで必ずトラップが待ち構えています。例えばティショットが落ちる場所にはフェアウェーがうねっているとか、ポットバンカーが待ち構えているとか。・・・・等々。そして今日はピンの位置がかなりいやらしいところにきってありました。馬の背の頂上とか、急斜面の途中とか、バンカーのすぐ上とか・・・。おかげで皆、パットには苦しみました。私も苦しくバーディのがしのボギーとか、3パット多数。(42・49の合計91回)
このコースの特徴で、お昼休憩なしの18ホールを一気に回ります。従ってお弁当を皆持参。同伴者はカラスにお昼ごはんを持ち逃げされました。彼らはレジ袋を目がけて降下し、あっという間に食べ物をくわえて飛び去ります。[見事なバーディ!!」
ゴルフは日頃の日常(仕事を含めて日常生活)からエスケープでき、緑の中でプレイすることで心身ともにリフレッシュできます。一時は疲れるし、めんどくさいし、へたになったし、眠いし、とかなんとかだから・・・という理由でゴルフを止めようかと思いましたが、やはりコースに行くと楽しい。あとは昔のように練習してすこし上達すればもっと楽しくなると思います。今回はコース前日に練習、当日朝練習、そして何年ぶりかでコース終了後に練習場にいき練習しました。ゴルフ漬けの一日は疲れと共に更けていきます
f0138653_2323520.jpg
。[#
IMAGE|f0138653_22574325.jpg|201304/23/53/|mid|240|320#]お弁当持参
f0138653_22581410.jpg
f0138653_22583166.jpg
トラップの数々
f0138653_2259367.jpg
f0138653_2341854.jpg

[PR]
by shisenan | 2013-04-23 23:03 | ゴルフ

紫仙庵の庭はまさに「春爛漫」

いま、紫仙庵の庭は草木の花が咲き誇っています。
例年ですともう少し後、の花も咲いてまさに「春爛漫」
f0138653_17403112.jpgボタンの大輪
f0138653_17404870.jpg
樹齢90年の花f0138653_174114.jpgf0138653_17413619.jpgf0138653_17414991.jpgf0138653_1742535.jpgf0138653_17421976.jpgf0138653_17423448.jpgf0138653_17424720.jpg
[PR]
by shisenan | 2013-04-12 17:44 | 紫仙庵

「咲いた咲いたチューリップの花が・・・」

昨年、お花屋さんからチューリップの球根をいただきました。
花の色は判らず出たとこ勝負、2月には芽が出てきて、3月には葉が伸び、今満開です。
それにしても草木はどうして?春の訪れを知るのでしょう。不思議です。
f0138653_18161638.jpg
f0138653_18162968.jpg
f0138653_18164873.jpg
f0138653_1817419.jpg
うまいこと色分けが出来ました
[PR]
by shisenan | 2013-04-05 18:19 | 紫仙庵

長嶋さん国民栄誉賞おめでとう

4月1日エイプリルフールに唐突にも突然の報道。長嶋&松井同時国民栄誉賞受賞。これ耳を疑い目を疑いました。長嶋さんはいただいても(遅いくらいです)当然ですが、なんで??松井と同時なの?そして松井はその資格にはたして十分なのか?また、百歩譲ってもなんで同時なのか?長嶋さんと松井では格が違うでしょ!!というのが報道後の率直な印象。それから様々な続編報道を目にするにあたりいろいろなことが推測できます。
大鵬さんが亡くなりどうして生きているうちに授与できなかったのか、当然相応しい方だっただろうに。と言う声が多く、長嶋さんに授与しないと・・・・。とあいなった。しかしそのタイミングが。そこで松井の引退というタイミングに合わせて長嶋さんに。その理由が双方相応しい実績と師弟愛。そこには最近話題の暴力監督&コーチなどの体罰問題に手本となるような見事な「絆」がある。また、政治的には来る参議院選挙に向けて国民(とくに長嶋さんのフアンが多い60~70歳代)にご機嫌伺いを?・・・・等々いらぬ憶測をしてしまう。
兎にも角にも長嶋さんが頂けるのは大変喜ばしい。倒れてからもリハビリに励み、弱音を吐かないその姿勢は同じような方々、同年齢の方々に勇気を与える。我々にとって(私にとって)あの方は太陽であり、憧れであり、目標でした。見え隠れする政治的なことは抜きにして、ここは「やっともらえて兎に角よかった」と素直に思いたい。おめでとうございます。

まだまだそれにふさわしい人が頂いていないのが気がかり。選択基準があいまいだからいつも賛否両論がつきまとうし水を差すことになる。
f0138653_950279.jpg

[PR]
by shisenan | 2013-04-03 09:50