団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第4回朝日時代小説大賞

本日の朝日新聞「人」の欄に時代小説大賞を受賞した、仁志耕一郎氏が載っていました。
彼は前ブロでも紹介しましたが、広告クリエイターから作家に転身。プロを目指して13年、やっとやっと花が開きました。先日の講談社新人賞に続き、朝日でも大賞を受賞。
おめでとうございます。(受賞作「無名の虎」は11月に書店にならぶようです)
改めて新聞で顔写真を見ると時代小説を手掛けている作家さんの雰囲気がでています。

早速、紫仙庵に訪れた著名人リストに加えさせていただきました。
f0138653_17111577.jpg

[PR]
by shisenan | 2012-08-25 17:12

小説現代新人賞(長編小説)

過日かつての会社勤めの頃の部下からメールが届き、「このたび講談社の長編小説で新人賞をいただきました」とうれしい内容の知らせが。
そして昨晩はその仲間たちが集まり受賞お祝いを紫仙庵にて行いました。久しぶりの顔合わせ、受賞までの長い道のり、その心境、こんごの抱負、仲間たちから矢継ぎ早の問いかけが・・・、本人曰く苦節13年奥様の理解と励ましに支えられ今日に至ったとのことだそうです。
もともと彼は時代物の小説が好きで、広告の題材にもそのようなアイディアはだしていましたが、ここまでとは!!びっくりすると同時にその才能には感心します。
これからは押しも押されぬ時代作家としてその名を広く知らしめ、書店に常に彼の本が平積みされる日が訪れることを期待します。とても楽しみです。
いろいろな話を聞いていた中で、時代小説を書く上で必要なことはその時代をどれだけ正確に表現できるか、だそうです。
たとえば、「ぐっすりと眠る・・・」などの表現はありえない。なぜなら「ぐっすり」とは「グッド・スリーピング」の略だそうです。なるほどね。
さて、受賞作ですが、来年早々には講談社より出版されます。
f0138653_9512518.jpg
f0138653_9513863.jpg
f0138653_9515477.jpg
紫仙庵「お祝い」定番「鯛の塩釜焼」
[PR]
by shisenan | 2012-08-24 09:54

耐震強化

紫仙庵は過去ブログでも記しましたが、築59年の実家を改築し店としています。
改築当時(いまから7年前)は、いまほど耐震の意識はなく、いかに趣のあるデザインにするかを主眼としていました。そしてあの大地震が!幸運にも3度の大きな揺れに思いのほか器物などの破損は少なく、建物は耐えてくれました。
その後、様々な地震予測が報じられ不安はつきません。ここ目黒区でも住宅の耐震強化補助金を出してくれる措置があると聞き、その概要をうかがってみました。
申し込みから始まり、図面など提出、審査などなどお役所相手の面倒な手続きがあります。そしてその資格を持った方が来られ最終的な判断をします。そして補助金がでる(審査費用は別途)が簡単な流れですが、当方では決定的な補助金を受けられない事項が2つ。
その1、耐震強化は柱を太くするとかではなくいかに壁面を多くするかが重要。したがって南に面したガラス窓を壁にしなければなりません。(これってお客様は席から庭が眺められなくなるということです)
その2、土地に面した道路が4メートルないとダメ(これどうゆう理由かわかりませんが、こちらではどうにもなりません)
従いまして工務店と相談し補助金なしの耐震強化を。
一計を案じデザイン性、耐震性いずれも見劣りすることなく強化する方法を考えました。名付けて「はちまきデザイン」
施工後ほとんどのお客様は補修したことに気づかず自然になじんでいます。
先日震度2がありましたがまったく揺れを感じませんでした。これで一安心かな。
f0138653_13173319.jpg
以前は梁がなかったが・・
f0138653_131743100.jpg
f0138653_13175691.jpg
太いの入りました
f0138653_13181157.jpg
はちまき廻しました
f0138653_13182423.jpg

[PR]
by shisenan | 2012-08-22 13:22 | 紫仙庵

蝉のふ化

先日奥様のダイエット散歩と私の日常的な夜の散歩(徘徊)を試みていたところ、林試の森公園の外灯近くで「蝉のふ化」を目撃しました。
それはそれは神秘的で殻から出てきた蝉はまだ白く、蛍光灯の光にあたり翅は薄緑色に光っていました。
たぶん時期的に「ミンミンゼミ」か「アブラゼミ」だと思われますが、外敵から襲われにくい夜にふ化し両足でカラにぶらさがり翅をのばします。そして夜明けには飛べるようになり地上での生活が始まります。
よく言われていますが、「アブラゼミ」は地中に幼虫として何年も暮らし、地上に出てからは1週間の命。これ諸説あるようで1か月くらい生きるケースもあるそうです。いずれにしても短命と思っていましたが、地中に何年も生きているのでけしてトータルでは短命とはいえません。

ところで、以前(かなり昔)沖縄の何とかという島に行ったとき蝉の揚げ物を食べさせられた記憶があります。調べてみると中国では食材であり、漢方薬の原料であったりするそうです。ちなみに解熱効果が期待できるとか・・・。
私の記憶では食べて美味しかったという記憶はございません。
f0138653_1720473.jpg
f0138653_17205849.jpg

[PR]
by shisenan | 2012-08-21 17:22

白内障手術

秋葉原にある三井記念病院にて白内障の手術を執刀していただく先生の受診が過日ありました。
「え~と手術は・・・?あれ、来年2月とありますが、随分先になっていますね。」「はい、助手の先生と相談した結果、蕎麦屋を営んでいるので、術後湯気が眼に影響するので店を一定期間休まないといけないと言われ、従って店がいちばん忙しくない時期の2月としました」「そんな先だと目が見えなくなりますよ、来週の日曜日どうですか?両目を1日で行いましょう」と先生が手帳を出してスケジュール調整をしてくれました。ちょうど夏季休暇の時期で最高です。「よろしくお願いいたします」と即手術決定。
夜7時に手術なのに午後2時半には病院に入り、目薬を何回もさし、安静にしてそのときを待ちます。
白内障は皆さん「あれは簡単だから」とか「手術とはいえないくらい早くリスクもなくできる・・・」とかアドバイスをくれますが、いざ手術となると不安はつきまといます。ましては両目だし、とくに右目は黄斑円孔の疑いがあり心配です。
手術室に入り点滴と麻酔をして順番を待ちます。その日は50人の患者さんが手術を受けられました。まるでベルトコンベアーにのって運ばれて行くがごとく「はい始めます」「はい完了です」と流れていきます。

白内障とはカメラのレンズに相当する水晶体がさまざまな原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して濁ってくる。これが白内障なのだそうです。濁りが光をうまく透さなくなり光が乱反射しても網膜に鮮明な像が結べなくなり視力が低下する。ちなみに様々な原因の1つには老化があるそうです。(やはりね)

手術自体は短時間で完了しましたが、その後のメンテナンスが大変です。とくに両目なので1日何回も目薬をさす。薬を飲む。顔は洗えない、もちろん洗髪もダメ。重いものを持ってはダメ、運動ダメ、読書ダメ、長い時間下を向いていてはダメ、PC当然ダメ、お酒ダメ。ありとあらゆることがダメ。
術後1週間でやっとゴーグルをはずすことができました(このゴーグルは目の保護で寝る時もはずせない)
ゴルフは1か月禁止。もう座敷牢に入れられた気分です。

手術の翌日診察に行きましたが、いままでとはあきらかに違う視界がそこにはあります。遠くの信号機見えます。広告看板見えます。遠くの女性の(*^。^*)見えます。こんなにハッキリくっきり見えるのは十何年ぶりのような気がします。それにしても30Y先がよく見えないでゴルフしていたなぁ~と変に感心しています。
これでパット&アプローチともにOKとなりますか、1か月後が楽しみです。
f0138653_1648629.jpg
作っては度数があわなく眼鏡だけが増え
f0138653_16482223.jpg
これが(愛用?の)ゴーグル
[PR]
by shisenan | 2012-08-20 16:53

オリンピックメダリスト凱旋パレード

8月20日月曜日、築地に買い出しの途中オリンピックメダリスト凱旋パレードを見物しました。
10時30分より銀座4丁目の交差点に並び、待つこと30分。アナウンスが「いま!銀座1丁目をスタートしました」人々から歓声があがります。とにかく人、人、人の波、背が低い人は前の人の背中しか見えないと思います。4丁目の交差点、三越(窓から顔が見えます)キムラヤパン(窓から人が鈴なり)昔の三愛ビル(窓から人が、顔が・・・)日産ビル(窓からカメラが・・・)ありとあらゆるビルの窓から人が見物しています。
例外は和光のビル、窓にはレースのカーテンがしまり、人の気配はありません。さすが和光と変なところに感心しました。
さて11時10分ごろ選手を乗せたパレードの車が来ました。普通自動車(オープンカー)に乗っている吉田選手は残念ながら見えず、2階建てバスの1号車、2号車、3号車の選手たちははっきりと確認できました。
室伏選手(やはりおおきいなぁ~)北島選手(どうどうとしているなぁ~)ナデシコたち(ちょっとはしゃぎすぎ、沢選手は私に手を振ってくれました。ありがとう)バレーボールの選手(やはりおおきいなぁ~)残念ながら愛ちゃんは見逃しました。
ナデシコがワールドカップで優勝した時に石原都知事が銀座でパレードをしたらいいのに!と言われました。まさにその通りで今回、オリンピックメダリストの凱旋パレードが実現してあらためてその感動がよみがえりました。パレードはあっと言う間に通り過ぎていきましたが、50万人が感動を分かち合いそれはそれは清々しい気分でした。
これで20年の東京オリンピック誘致に機運が盛り上がれば、と思います。
街頭で待っている人にアンケート調査を実施していました(50万人中100人のアンケート)
f0138653_1644096.jpg
f0138653_1645699.jpg
f0138653_1651383.jpg
f0138653_1653320.jpg
f0138653_1655331.jpg
f0138653_1661491.jpg
東京オリンピック誘致賛成か反対か!賛成は88人(88%)だそうです。

[PR]
by shisenan | 2012-08-20 16:08

同居人「母」ロンドンオリンピック

突然オリンピック中継を観ていて母が興奮しています。「これ!なんて言う競技なの?」「これはトライアスロンです」「ロンドンの競泳は川で泳ぐの?」「トライアスロンという競技で、泳ぎと自転車と走りを1人の選手が行う競技なのです」「私初めて見たわ、知らなかった・・・・。これなんていう競技なの?」「トライアスロン」「日本人はするの?」「でてるはず」「あ!30位にいるわ、日の丸を振っている人がいる、きっと家族ね・・」
私だったらひっくりかえるわね、こんな過酷な競技に出てる人全員を褒めてあげたい・・・・とかなんとか独り言を言っています。「これ何んと
f0138653_18224422.jpg
f0138653_18233078.jpg
いう競技なの?」「トライアスロン」「昔からあったの知らなかったわ」TVを見て興奮してます。「この競技はまだ歴史が古くなく1974年から世界大会になった。水泳1,5KM、自転車40KM、走り10KMを1人の選手が連続して行う競技」と教えていると、日本人の選手がTVに映りさかんに応援しています。「この歳になってすごく感動した・・・」とつぶやいています。
明日になっても忘れないようにメモを渡しておきました。覚えているかなぁ・・。

[PR]
by shisenan | 2012-08-04 18:24

格言「ボケタラアカン」

先日、ある人から「ボケタラアカン」という格言をいただきました。
その一部を自分に置き換えて修正し創りました。

ボケタラアカン
歳をとったら、出しゃばらず、憎まれ口、陰口と、愚痴言わず、他人のことをほめなはれ。

昔のことは皆忘れ、自慢話はしなさんな、自分の時代はもう過ぎた、どれだけ頑張り力んでも、
身体がいうことききません。あなたが偉くわたしはあかん。そんな気持ちでちょうどいい。

わが子に孫に、世間様。どなたからも慕われる、ええ年寄りになりなはれ。ボケタラアカン、そのため頭の洗濯と生き甲斐に何かひとつ趣味を持ち、せいぜい長生きしなはれや。

おしまい

肝に銘じて過ごします。

PS、やはり関西弁だとこのような格言が似合いますね。
f0138653_1055575.jpg

[PR]
by shisenan | 2012-08-03 10:07

ザゴルフクラブ竜ヶ崎

PGMからゴルフコンペの下見に是非とお誘いをいただき、早速ゴルフ大好き人間を招集して行ってきました。
初めてのゴルフ場です。かって名門龍ヶ崎カントリーの近くにこれまた加藤俊輔設計の素晴らしいコースができるよ!などと知らされていました。(バブル真っ盛りのころです)その後プレイする機会に恵まれず今日まできましたが、一度プレイをしてみたいと思っていたコースです。ゴルフ場の敷地内に入るところから雰囲気が違います。クラブハウスのなかはパルテノン神殿のような柱がド~ンとあり、豪華絢爛。
今回の下見プレイは、まずは朝食バイキングがつき、昼食もつき、キャディさんもつき、すべて込の格安料金です。ハウスダイニングからは18番と9番の上がりホールが見渡せます。朝日の斜光が影を呼び、グリーンに濃淡の色合いを醸し出します。絵にかいたような美しさとはこのことを言うのではと思うくらい美しい景色です。さてゴルフの内容ですが、両サイドから張り出す木々と林が心理的にフェァウエーを狭く見せています。
距離はさほどないのですが様々なクラブを使いこなせないとスコアメイクにつながりません。(私はつながりませんでした)相変わらずよく目がみえず、グリーンが白く反射してまぶしく集中できません。すべてキャディさん頼り、グリーンは感覚ほど早くなく3パットが8回もありさんざんな1日でした。

リベンジもかねて10月16日に第12回紫仙庵ゴルフコンペを申し込んできました。
秋は頑張ろう!
f0138653_10491332.jpg
f0138653_10493191.jpg
和風あり洋風ありの朝食バイキング
f0138653_10495238.jpg
f0138653_105053.jpg
ハウスから見たコース
[PR]
by shisenan | 2012-08-01 10:54 | ゴルフ