団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2010年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

年越し蕎麦・2010

今日は大晦日。
日本には年越し蕎麦を食べて今年1年を締めくくりとする風習があります。
情報調査会社「ライフメディア」が実施した調査で今年「年越し蕎麦」を食べると答えた人は74、5%、食べないが7.9%そして時間帯は夕食が49,6%、深夜が44,6%と圧倒的に夜となります。食べる場所は自宅が93,7%だそうです。
話は変わり、本日の紫仙庵は31日の午前1時20分ぐらいから「お持ち帰りの年越し蕎麦」の蕎麦打ちを始めました。前日は宅配便の配達用に午前2時過ぎからの準備です。今年は毎年の常連さん+ご新規のお客様のご注文が殺到し、例年より多く、従って早くに締め切らせていただきました。上記データにもありますように自宅で食べたいと思われている方が多かったのでしょう。新聞に年越し蕎麦の風習は江戸時代から始まったとされていますが、諸説あるようで、また由来も様々。蕎麦のように細く長くは定説ですが、蕎麦のようにどんな土壌でも育つように。とか、毎月晦日に蕎麦を打ち上げで食べていたのが「そばみそか」それがいつしか大晦日だけに注目が集まったから。また新説では蕎麦には植物繊維が多く含まれ便通によい。従って1年の汚れを蕎麦で落とすために食するようになった。とか、金細工師の話もあるし・・・どれが本当やらわかりませんが、四人に三人が食べるとは!凄いことです。
今年の紫仙庵はTV・雑誌・書籍などで紹介され、多くの新しい出会いがありました。おかげさまで本年も無事に勤めることができました。
f0138653_1992428.jpg
f0138653_1993654.jpg
お持ち帰り用
f0138653_1995059.jpg
宅配便用
誠に有難うございます。
来年もよろしくお願いいたします。

[PR]
by shisenan | 2010-12-31 19:10 | 紫仙庵

年末の築地市場

昨日、本年最後の築地市場買出しに行ってきました。毎度のコトながら市場は大賑わい。一般の方が正月用の食品などを買いにきます。例えば奥様が買出しというとご主人がついてきて荷物もち、したがって1世帯で2人が来ることに。ただでさい年末で混み合うのに2倍の人数がくることになる。店は正月用品を多数並べるため、狭い路にはみだす。そこへ人が何倍もの数で来る。従って大渋滞となる。いつもなら10分でまわれるところが30分かかる。しかし一般の家庭でなんでそんなに購入する必要があるのかヒトゴトながら心配してしまう。「安いよ!今日だけよ!」と大声を張り上げている店。「それ2つちょうだい」とかガンガン売れていく。毎週みているので「今日だけよ」はいつも言っている口上で、はじめての人なら信用してしまうのかも。
すし屋では何十店舗あるなかで、うちが本店です。本店は一味違いますよ!と言っていた。この口上もいいのか悪いのか?とりあえずこの本店用としては効き目ああったようだけど・・・。(完全なカニバリ)
可笑しかったのは、使い方も解らないの、買うかどうか解らない、団体のおばさまたち。
客、「これなあに?」店員「・・・・・」客、「どうやって調理するの?」店員「・・・・・」客「あなた、聞いてるの?」
店員「・・・・・・」、私「買わないなら、そこどいてください」店員「微笑みながらいらっしゃいませ」
あと3日寝るとお正月(年越し蕎麦の仕込みで今日から徹夜が続きます)
f0138653_172539.jpg
f0138653_17251524.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-12-29 17:25

食べログ

昨日、「食べログ 話題の店」選出のお知らせ。というご案内をいただきました。以下文面は・・・・
この度、ランキングとクチコミで探せるグルメサイト「食べログ、運営元カカクコムは、全掲載店舗約60万店の中から、多くのファンの方よりクチコミを投稿されている人気のお店を、「食べログ 話題の店」として選出させていただく運びとなりました。
貴店には選出基準を上回るクチコミが投稿されており、食べログ内でも人気店・話題店としてアクセスを集めておりますので、突然ではございますが選出のご連絡をさせていただいた次第でございます。
また、簡素ではございますが記念として「食べログ 話題のお店」ステッカーを送付させていただきます。

こんな内容と共に「ステッカー」がきました。食べログは一般消費者の生の声を集めるクチコミサイトというコンセプトで規模を拡大し現在では1800万人の方々が愛用しているサイトだそうです。生の声ではとりわけ店主(私・・)は何かとご批評を賜っております。

ご案内文章の最後に、この度は「食べログ 話題の店」の選出、まことにおめでとうございました。と記されていました。
いずれにしましても選出されたことは光栄であり嬉しい限りです。これもお客様皆様のお陰とありがたく思っております。
f0138653_9534322.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-12-25 09:53 | 紫仙庵

じいさん歩 その7「浜離宮」

f0138653_18461291.jpg
孫のクリスマスプレゼントを求めて浜松町駅前にある「浜離宮ビル」へ。このビルにはかの有名な「ホケモンセンター東京」が入居しています。孫からのリクエストはそのポケモンのナンジャラカンジャラはじめてセット男の子用??。
わが店からお決まりのコースを徒歩で目黒駅に。途中行人坂を登り「行人坂」の謂れをしるされた看板を読み、「うん、なるほどね」などと感心をして山手線に。浜松町駅で下車しポケモン購入のためにそのビルへ。ここに訪れるたびに気になっていた駅前の森。入り口には浜離宮ならぬ芝離宮の文字が。?ここの庭園はどんな謂れがあるのか知りたくなり入場(入場料150円)。広大な敷地は池を中心に造られている「回廊泉水庭園」と呼ばれる庭園。江戸時代ときの4代将軍家綱が海を埋め立てたこの地を老中大久保忠朝にあげわたし、その後藩より呼び寄せた庭師にこの庭園を造らせたそうです。何人か所有者が変わり幕末のころは紀州徳川家の屋敷となり、宮内省が買い上げ昭和天皇成婚記念として東京にわたされ現在は文化保護法による国の名勝となっている。
池は造った当時は潮入りの池で潮の干満により池の石などが見え隠れしていたが、今は淡水の池となっている。昔の大名は凄い!このような庭園を造り自分の庭で季節と自然を楽しむ。なんて贅沢なんだろう。
この近くにある「浜離宮」は将軍の狩場でもっと広大ですごい。子供の頃遠足で行った記憶あり。近々庭園に入ってみようと思っている。(本日述べ4776歩)
ポケモンセンター
f0138653_1839207.jpg
芝離宮
f0138653_18393685.jpg
庭園からポケモンビルを
f0138653_18395225.jpg
芝離宮庭園
[PR]
by shisenan | 2010-12-22 18:41 | じいさん歩

流山おおたかの森駅

昨日久しぶりに自宅(千葉県流山市)に帰りました。秋葉原からツクバ・エキスプレスにて流山おおたかの森駅で下車。この駅は日に日に変化していきます。駅近くのショッピングモールには有名店が軒を並べ、そこに向かう人々の列が絶えません。一方反対側は開発の真っ最中、今まであった建物・林はなくなり更地。ブルが入りなにかが建つ工事がそこかしこで行われています。その昔、この辺りは雑木林で人家もまばらでしたが、今やその面影もなく駅舎からは遠くまでが一望できます(さえぎる雑木林がなくなった)あと1年もしたら駅の周辺はマンションが立ち並び、駅の名前となっている「おおたか」はどこかに行ってしまい「かつてはね、ここに森があっておおたかが住んでいたのよ・・・」などと孫たちにお話しをしてあげるのでしょうか。
何となく寂しさを感じます。
f0138653_1742493.jpg
f0138653_17421884.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-12-22 17:42

女房の誕生日(レザンファン・ギャテ)

日ごろ心配をかけている女房に誕生日のプレゼントを。あれこれ考えた結果、本人が喜び自分も嬉しいプレゼントがないもんか・・・??。昨年「ミーレガイド」の授賞式でシンガポールへ行った際に知り合いになった方のお店が代官山にあります。(ミーレはもちろんミッシュランでも取り上げられている有名店)そのお店は佇まい、インテリア、調度品、食器にいたるまですばらしい店です。もちろん料理は最高にすばらしく、なかでもテリーヌが何と言っても有名。
女房には告げずサプライズで店に予約を入れました。そして後日、そのプレゼントの内容をあかし昨晩ディナーに。
店の支配人のご配慮で誕生日を演出していただき、美味しい料理の品々をフランスのビールとともに満喫し、これ以上お腹にははいらない状態になるまでいただきました。アペタイザーからデザートまで白い器に描かれたデザイン画のような色合いと盛り付け、テーブルもバカラクリスタルがさりげなく置かれ何から何まで完璧です。本年の外食締めくくりにふさわしい大満足のディナー(ひととき)でした。もちろん女房も同意見で帰りのタクシーの中も帰宅してからもニコニコ。笑いシワが増えるのではないかと心配するくらいのご機嫌です。
ヨカッタ・よかった・・。
f0138653_17201536.jpg
美味しかったテリーヌ①
f0138653_17203363.jpg
テリーヌ②  ③と④は写真なし
f0138653_17204755.jpg
バースディケーキ
レザンファン・ギャテ tel03-3476-2929(要予約)
[PR]
by shisenan | 2010-12-22 17:21

じいさん歩 その6「五反田~店」

本日は日曜日なのに買出しに人形町へ。昨日(土曜日)は予想とはうらはらに買い控えした品が注文多く、買いだめした品があまり多く出ない逆現象の1日でした。従って本日再度買出しに行くことになりました。
都営線で五反田駅まで出てきて72系統の東急バス(渋谷行き)に乗り入谷橋のバス停で降りる。これがいつもの帰りのコースですが、今日は日曜日。バスの回数が少なくしかも行ってしまったばかりのようで20分待ち。しからば歩こう!と思い立ちスタコラと大崎広小路→山手通をかむろさか経由、羅漢寺→目黒不動→林試の森横断→店と35分で歩破(走破はあるけど歩破という言葉は?)延べ5495歩です。しかも買出しの荷物を持っての歩きは、競馬でいえば重量を背負わされている馬のハンデのような感じ。休みの日の朝ということもあり多くのジョギング・ランナーとすれ違いました。みな、それなりのウエアーを身にまといカッコイイ。こちらはおせじにもカッコイイとは言えないスタイル。このシリーズ(じいさん歩)を真剣に続けるならそれなりのカッコウをする必要があると痛感。何事もカッコウから入ると継続したことが過去に多々あったことだし・・・・、
明日ジョギングウエアーを見に行こう!
f0138653_23502589.jpg
山手通のいちょう
f0138653_23504447.jpg
林試の森
f0138653_23505770.jpg
林試の森(カラス)
[PR]
by shisenan | 2010-12-19 23:52 | じいさん歩

同居人(母)その16 中国庶民料理「悟空」

食べることが楽しみな母は外食が大好き。「今日なにか食べに行こうか?」と問うと、即座に「行きたいわね」と返答が。「どんなものがいい?」「この前のカニが食べたい」「あれは高いから今日はなし。中華はどう?」「いいわね」などの会話の後、馴染みの武蔵小山にあります「悟空」へ。美味しいものを食べるということで、武蔵小山までの道のりを徒歩で敢行。林試の森を横断し水車門から駅前に。途中1回休憩をしましたが無事到着。大好きな青菜の炒め物、貝とイカ、酢豚、きのこ、・・・・・・チャーハンときて「もうおなかいっぱい」とのことでしたが、「ここの杏仁豆腐おいしいよ」といえば「別腹でいただくわ」と2杯食べ。帰りはビールがきいたのか
千鳥足でタクシーに。車中でさかんに「ここの中華はおいしかった」と何回も、従って来年早々に控えている誕生日(米寿の祝い)をこの中華屋さんにて行うことにしました。翌朝記憶のチェックのため「昨晩何を食べたか覚えている?」と聞いたところ「美味しい中華」という答えが。よほどインパクトがあったのだと思われます。
来年の誕生会は孫・ひ孫に囲まれにぎやかにご機嫌な時間となることでしょう。
f0138653_1105356.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-12-15 11:00 | 行きつけ処シリーズ

じいさん歩 その5 「目黒駅界隈」

雨の月曜日、目黒駅前にある銀行に用事があるため「散歩」は目黒駅界隈としました。朝9時過ぎから冷たい雨が降りだし傘を差しての散歩です。店→目黒通り→権之助坂経由→目黒駅。目黒駅にて以前の会社の同僚とランチをし、広告業界の現在を語ってもらいました。経済が冷え込んでいると当然ながら広告費は削減され業界は厳しいようです。その後、雨足は激しくなりましたが、行人坂を下り大円寺で御参りを、(天台宗大円寺、釈迦三尊像・五百羅漢像520体の石仏、昭和45年東京都有形文化財に指定)その後、雅叙園を横に観ながら目黒川にかかる太鼓橋を渡り(この太鼓橋は八百屋お七の情人吉三がお七を弔うために僧となりこの橋をかけたとされている)山手通を渡り目黒不動の横手を通り店に到着。傘からはみ出した靴&ズボンのすそはグチャグチャ、駅前のストアで購入したアジの押し寿司を肴に日本酒で身体を温めDVD「ソルト」を観てお休み日の夜は更けていきました。それにしてもお休みの日は時間が足りません。(延べ6880歩)
f0138653_178290.jpg
大円寺金仏
f0138653_1781946.jpg
大円寺大黒天
f0138653_1783293.jpg
太鼓橋
[PR]
by shisenan | 2010-12-14 17:09 | じいさん歩

じいさん歩 その4 「武蔵小山界隈」

日曜日お客様が帰られて片付けが完了。そこからは翌日を考えずに過ごせる時間の始まりです。(店は月曜日が完全休)最近目覚めた「散歩」を敢行。「今日はどこらへんを歩くかな・・・?」などと考えて「そうだいつも伺うBARに蕎麦を持参しがてら、あの辺りを歩くか・・・」などとあまり考えもまとまらないうちにスタート。
1歩き3000歩以上を目指している関係上、武蔵小山の往復では心もとなく、従って目黒通り経由武蔵小山駅周辺に(ルートは店→目黒通り→大鳥神社→かむろざか下→かむろざか上→武蔵小山→店)
但し武蔵小山にて馴染みのBARで燃料補給(近くに住む結婚を控えたカップルを呼び出し披露宴などのアツアツ話しを聞く)その後は散歩とは言えないであろう千鳥足散歩となりました。身体に良かったのか悪かったのか延べ6880歩。
f0138653_9124514.jpg
BARに置かれているテルミンという楽器
[PR]
by shisenan | 2010-12-14 09:12 | じいさん歩