団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みかん

紫仙庵の庭、道路わきに温州みかんの木があります。これは母が目黒不動の縁日にて苗木を購入し植えたものです。(かれこれ30年以上経っていると思われます)今年は植木屋さんに枝の剪定を加減してもらったせいか、見事に鈴なりとなっています。ご来店のお客様から「これなんですか?」とか「このみかん食べられるのですか?」などのご質問をたびたび頂戴しております。「論より証拠、召し上がってください。目黒産のみかんです」とおすそ分けし喜ばれています。
「花づくり園芸館」という本が小学館から発行されています。1997年初版となっていますこの本に、なぜか、みかんのページに店のみかんの木が掲載されていました。写真はかつての家(蕎麦店に改築する前の住宅)の一部とみかんの木(たわわに実っています)。注釈を見ると都心でも温暖なところで日当たりがいい場所ではこのようにみかんが実ります・・・・・・。と書かれています。
f0138653_17442418.jpg
f0138653_17443859.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-11-24 17:44 | 紫仙庵

年越し蕎麦の受付中

毎年この時期になると「年越し蕎麦の受け付けはいつから?」というご連絡をいただきます。なんか毎年その連絡が早くなってきている感あり。もっとも限定100食と謳っているからかもしれません。30日に発送で出す分を打ち出すのが午前2時過ぎ、昼は通常の営業をして早仕舞い。即効で寝る。そして31日分のために午前2時ごろから打ち出す。昼営業をしながら受け取りに来られるお客様の分をお渡しする。それらが終了するのが午後4時前後。暗くなってから目黒不動に参詣し大晦日を過ごし新年を迎える。
そんな年末がもうじきやってきます。
11月21日現在100分の27.残り73食です。
紫仙庵の年越し蕎麦受付中!
[PR]
by shisenan | 2010-11-22 00:45 | 紫仙庵

紫仙庵の新しい器たち

小淵沢に旅行した目的の1つが店で使用する器の購入でした。
最近、朝日新聞にてとよた真帆さんが紹介してくれたおかげで、「蕎麦掻」の注文が増えました。ほとんどの方が「蕎麦掻」というとボソボソした食感の悪い、けして美味しいとは言えない昔食べたモノ。という印象をお持ちのようです。
しかし彼女が紹介してくれて「とりあえず私もたのみます」的な注文をいただき、蕎麦掻に対する印象を新たにしてもらっております。前置きが長くなりましたが、そんな蕎麦掻をすこしでも斬新に目で見ても昔のモノとは違う印象を持ってもらうために可愛らしい・都会的なデザインの器に盛りたいと思い、今井一美さんの器を購入しました。本日初のお披露目は「かわいい!」といい感じでデビュー。それからチョン・ゴニさんの片口粉引きは渋いデザインで日本酒がさらに美味しく感じます。川淵さんのぐいのみもいい感じ。器が増えると料理の提供の楽しさが倍増します。
f0138653_21595738.jpg
今井一美さん作
f0138653_2205465.jpg
チョン。ゴニさん作
f0138653_2211217.jpg
川淵浩二さん作
f0138653_2212753.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-11-18 22:02 | 紫仙庵

小淵沢小旅行

①店のお客様の妹さんご夫婦が営むペンションが山梨県小淵沢にあります。名前は「月下草舎」。tel0551364801
②女房の第二の故郷がここ小淵沢。その昔彼女は乗馬が趣味でこの地の乗馬クラブに居候し乗馬の腕を磨きました。(この地に友人多し)
③小淵沢カントリーのゴルフ場支配人が偶然にも女房の中学の同級生と判明。
(番外としてプレイで一緒だったキャディさんは隣り町から選出された店のお客様で衆議院議員だったお方の後援会員だったというつながりも・・)
④店のお客様から小淵沢に行ったら寄るといいわ。と言われたギャラリーMUu(ムー)は、日ごろ足を運んで いる広尾にあるギャラリー旬の経営でした。
偶然にもいろいろなご縁がある地です。ゴルフのブログは別に記してあるので省略し、ペンションの話から始めると。南アルプスを仰ぎ見て紅葉に囲まれたお庭を通り、入り口を開けると、ド~ンと吹き抜けのロビー&ダイニングが。漆喰壁の白と柱と床の黒によるコントラストが空間を演出しています。奥にある暖炉には火が入り、大きなスピーカーからはジャズが流れています。そうそう空間にアクセントをつけているヒバノキのオブジェがこれまたいい感じ。夜は魚と肉のフルコースをいただき暖炉の脇で水割り片手にリクエストしたシナトラとビルエバンスを。何物にも変えがたい一夜を過ごしました。
翌朝はBFをいただきラングラーランチというかつて居候した乗馬クラブに行き、女房は久しぶりに会った友と歓談(私は外でひたすら馬を見ながらウエイティング)その後近所の道の駅&アウトレットなどを巡り、ギャラリーMUuへ。ここでは蕎麦掻用にと考えている斬新なデザインの器と渋いデザインの酒器などを購入。都心から車で2時間半で行ける喧騒とは対極にある空間は、今どこをみても一面紅葉。
久しぶりに心が洗われ日本の晩秋を満喫した一日でした。
f0138653_1723446.jpg
お庭をみながら朝食
f0138653_17235184.jpg
馬とお話し
f0138653_1724949.jpg
道の駅
f0138653_17242555.jpg
紅葉街道ドライブ
[PR]
by shisenan | 2010-11-17 17:26

おじいさんは山に芝刈りにシリーズ26「小淵沢カントリー」

11月15日・16日と山梨県小淵沢に小旅行。小淵沢カントリーにて晩秋のゴルフを満喫してきました。
当初は女房と2サムでプレイの予定が、彼女は足の痛みが癒えず(このコースは乗用カートなしの徒歩ラウンド)ラウンドは断念しました。
そのため私は1人でラウンド。(なんかプロの練習ラウンドのような感じです)
このコースは9年位前に1回まわったことがありますが、印象はグリーンが速く、芽がきつい、傾斜がきつい、
グリーンが小さい。とてもではないがキャディさんのアドバイスがなければどうにもなりません。
と、いうことでベテランキャディさんについてもらいました。「このホールはあそこに見える木の右側に打ってください」「OK,バッシ!どう?」「だいじょうぶです」とかの会話をしながらグリーンへ。「ここは八ヶ岳が右にありますから芽はフックで傾斜は左からの下りです」「・・・・ポ~ン」「あ!入れ!止まれ!」簡単に5メートルくらいオーバー。(自分としてはちょうどのつもりが全くノーカンで3パット)アプローチもぴったしのつもりがやはり5メートルくらい常にオーバー。完全に頭は真っ白、どのように、どこに打てばいいか混乱の極みが7ホールまで続き、結果はボギーとWボギーばかり。8番ホールでやっと感じがつかめ2パットのパーがきた。9番もパーをとり46回(パット23回)午後はいい感じが持続し、パーがつづいて3パットは2回でおさまり39回。
南アルプス・八ヶ岳が空を覆うように拡がり、木々は紅葉し素晴らしい景色。しかもほぼ貸しきり状態のなかキャディさんと2人で会話しながらのプレィ。こんな贅沢なゴルフが味わえるなんて(スコアを除けば)これ以上ない最高の気分のゴルフでした。
f0138653_224427.jpg
f0138653_225146.jpg
ベテランキャディさん
f0138653_225364.jpg
青空に南アルプス
[PR]
by shisenan | 2010-11-16 22:05 | おじいさんは山に芝刈りに

たばこのお話し・・2

10月1日に値上げをきっかけに「たばこ止め~た」「禁煙するよ」等と言って実行した人の約2割が、すでに禁煙をあきらめた。という記事が出ていました。再びたばこに手が出てしまうのは禁煙から3日目が最多で1週間以内が66%だそうです。また、年齢が高い人ほど断念する率が高くなる。50代以上は24%が禁煙をあきらめたという結果が。値上げを契機に禁煙を始めた人500人の回答だそうです。なぜこの時期にこんな調査が?それはたばこの買いだめがそろそろ切れる時期なのです。私の店のパートさんは大のたばこ好きで、値上げのときにしっかりと買いだめをし、年内はどうやら買わずにすむような計算のようです。今日も「たばこが美味しいと言うことは健康な証拠・・・」とかなんとか言ってプワ~と燻らしています。
しかし、注意して観察してみると最近カラ咳きがひんぱんに出ています。声もだみ声だし、買いだめが終了したら禁煙したらいいのに。とおせっかいにも思ってしまいます。
(だれでもできる簡単な禁煙の仕方を教えてあげるのに・・・)
「たばこを止めるとタンもセキもでなくなり、朝起きて口の中が爽快ですよ」と彼女に聞こえるように囁いています。
*調査結果、インターネット調査会社マクロミルの発表
1本も吸わずに続いている62%、何度か吸ってしまったが続いている18%、あきらめた20%

[PR]
by shisenan | 2010-11-13 18:38

目黒大鳥神社の酉の市

昨日は「酉の市」(2の酉は19日に行われます)サービス業を始めて「酉の市」の風習を教わり6回目を数えます。「御酉様に行って商売繁盛を祈願し、熊手を買って3本締めをしてもらうのよ。そしてレジのうえに飾るのよ」等と諸先輩からアドバイスをいただき最初に行って気に入ったデザインの熊手を購入。「これの房が紫色のないの?」「ありますよ。大きさはこれでいい?」「これいくら?」「2万円」「おまけはないの?」「5千円引いて1万五千円でどう」「OK」と言って2万円を渡し熊手をいただき、「それではだんなの店の商売繁盛を祈って、3本締め、皆さんお手を拝借、よ~をシャンシャンシャン・・・・。ご祝儀頂戴しました。」でおつりはなし。う~んこういうルールか。と感心しつつ得したような損したような、勉強になったな~と持ち帰ったものでした。あれから5年の月日がたち、仕組みもルールも解り勇んで昨晩行ってきました。まずは前年の熊手をお返しし、御礼を。新しい熊手を求め同じ店に。「紫のこれを、そちらからもらったDMはこれね。但し屋号の字が違っているよ。書き直してくれる!」などと
先制パンチをかまし何とかまけさせようとしましたが、敵もさるもので結局いつもと同じに。シャンシャンの人数がちょっと多かったかな。まぁ縁起物ですのでよしとしましょう。とにかくこの熊手に1年間お世話になり、福をかき集めてもらわねば。トリ(鷲)の爪のようなクマデで福をわしづかみ。よろしくたのみます。
f0138653_19273110.jpg
ご苦労様でした
f0138653_1927431.jpg
また1年よろしく
[PR]
by shisenan | 2010-11-08 19:28 | 目黒界隈

マンション建設ラッシュその2

以前にも本ブログで綴った紫仙庵の近所の「マンション建設ラッシュ」は時間が経つにあたり具体性を帯びてきました。
まずは目黒通りに近い(油面交差点より1本入ったところの、みずほ銀行社宅跡地)三菱地所が建設するマンション。(ここはほぼ更地と化して、トラクターがコンクリートなどの残骸を集積しています)そして、更に直進すると(約3000坪の国立教育研究所跡地)住友不動産が手がけるマンション建設地。ここは日々クレーンなどが入り以前の建物を壊しやはり残骸の集積中(ここは紫仙庵から数十メートルと近く、大型重機の掘削・振動で毎日が地震のような揺れでした)通りをはさみ農林中央金庫社宅跡地(約2000坪)には三井不動産が戸建ての住宅地を予定しているようです。今月中旬には取り壊し作業が開始とありました。(また、地震のような揺れが始まるかと思うと苦痛です)三井不動産は通り1本向こうに下目黒5丁目マンション(パークマンション)を建てており(ここは来月から販売開始、21邸)モデルルームもオープンするようです。これらすべての地域は「第1種低層住居専用地域」になっており3建てまでです。交通はバスor徒歩にて基幹駅とちょっと不便ではありますが、緑多き(目黒不動・林試の森公園など)環境抜群の地域です。
f0138653_1848308.jpg
f0138653_18484849.jpg
f0138653_1849295.jpg
パークマンション
[PR]
by shisenan | 2010-11-05 18:49 | 目黒界隈

おじいさんは山に芝刈りにシリーズ25「セゴビア・ゴルフクラブ」(紫仙庵ゴルフコンペ)

11月1日(月曜日)前日未明よりかなり強い雨が降り出し、明け方も止む気配なし。参加の皆様からAM5時あたりに決行や否やの連絡が殺到しました。ウェザーニュースのゴルフ場ピンポイント天気によると会場のセゴビアゴルフクラブは9時まで小雨、その後はくもり、午後3時ごろから晴れ間が出るという予報。9月には本コンペを大雨で中止・順延としている関係上、ここは予報を信じて皆さんにGO指令を出させていただきました。向かう途中の常磐道は最初は雨が、進むに従い小雨、霧雨と変わってきました。合羽を着込んでスタート。芝はたっぷりと雨を含みジャブジャブ、バンカーは池に変貌。それでなくとも難しいコースは一段と難しくなりました。池がたくみにレイアウトされているコースで参加者の平均池入れ回数は3,8回(取材人数7名)スコアは84回~135回まで。恒例のドラコン&ニアピンはコースの方推薦のホールにて行いました。ニアピンで珍しいことが、これはJRAの本年オークスと同じような出来事です。お二人のピンまでの距離がまったく同じ。従って同着1位(二人ニアピン)こんなことは私の長いゴルフの歴史でもなかったことです。そしてこれは私自慢になりますが、ドラコンホールで快心の1打(若かりしころをホウフツの300YD越え)。3ヶ月前より筋トレをした効果がでたようです。(ドラコンを示す位置の旗をずっとコースにさして置いておきたかったなぁ)
今週土曜日は成績発表会&懇親会です。鍋をつっつき盛り上がりそうです。
f0138653_1915456.jpg
バンカーは池に
f0138653_192676.jpg
帰るときは・・
f0138653_1922043.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-11-02 19:03 | おじいさんは山に芝刈りに