団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

有川京子のCLAY WORKS

大学の後輩でもある陶芸家の有川京子さんがお馴染みになりました銀座松屋にて個展を開催。
昨日行ってきました。案内状には「カエルのひとりごとX]とあり、「ワクワクする気持ちを道案内にして」と題名がかかれています。また小さな文字で「足もとで跳ねた蛙を追いかけて行くと、白い花の群生する沢に出ました」とも書かれています。彼女の工房は群馬県の田舎できっとこのような情景が日常のところなのだと思います。そんな日常を陶器に託し作品としています。テーマカラーはハスの葉の色、(エメラルドグリーン)、そして白化粧土のホワイト。それから今回から加わったチヤ褐色。「この釉薬の色どうですか?ちょっと気に入っているのですが」との問いかけがありました。確かに変わった色合いで落ち着きがあります。また、シンボルの蛙はもちろん顕在ですが、それにやもりが加わりました。蛙は「かわいい!」言われますが、やもりはどうなんでしょうか?紫仙庵では彼女の蛙の皿に加えて今回楊枝入れ(?)を購入しました。
これ、お客様の評判になると思います。
f0138653_23534918.jpg
f0138653_2354577.jpg
購入した楊枝入れ
f0138653_23562375.jpg
さすがに売約済みに至らず
[PR]
by shisenan | 2010-06-30 23:54 | 紫仙庵

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ19かさまフォレスト

最近のゴルフコースは月末の平日は格安料金でプレイができます。ということで今日は平日お休みがとれる方たちを集めてのプレイ。
梅雨のど真ん中でお天気が心配でしたが、予報は曇り午後から弱い雨、気温もそんなに上がらず・・・・。これならこの時期上出来です。雨がこないうちに終われればいいね。などと話しながらスタート。
前日の雨でFWは水を含んでいます。グリーンはといえば程よい湿りですが快速グリーン。打ったボールは止まるがパターでころがすと速い、おまけにキャディさんなしのセルフプレイなのでグリーンの芝芽がわからずノーカンの連続。1番バーディチャンスが3パットでボギー・・・・・以下ボギーとかパーとか、やっとバーディがきて42回、午後は目標をかなり上げてプレイしたにもかかわらず、OBはでるは3パットはあるはで46回。昼にビールを飲んだのが間違いで、うだる様な暑さとジメジメ湿度に雨の予定がドピーカン日差しの気温上昇。疲労困憊・集中力ゼロ、帰りはパーキングエリアでヒト寝入り。とにかく
f0138653_15571447.jpg
f0138653_15573041.jpg
疲れたという印象が強かった1日でした。

[PR]
by shisenan | 2010-06-30 15:57 | おじいさんは山に芝刈りに

二人目の孫 誕生

2010年6月24日、午前8時11分。長男夫婦に二人目の子が誕生しました。体重3500グラムの男の子。
(最近は事前に性別がわかっているので、「どっち?」とかの質問はなし。)水天宮さんのお守りのおかげか、安産のようでした。(昨日早速水天宮にお礼かたがたお札を納めてきました)孫にご対面、すやすやと寝ている寝顔を見ていると雑念とかいやなこととかがどこかに飛んでいってしまうような健やかな、晴れやかな気分になります。新しい生命・新しい家族の一員、健康で丈夫な子供に育ってくれることを願います。
最初の孫(赤ん坊のお兄ちゃん)は弟を抱っこしたりしています。女房も緊張しながら抱いてました。「抱っこしてみますか?」の問いかけに「壊れてしまったらこまるので遠慮します」「・・?」やはり触ること自体こわいですよ、骨が折れたりしたらこまるし、それよりなにより恥ずかしいしテレます。名前は二週間後には決まるようです。
f0138653_13391599.jpg
f0138653_13393352.jpg
f0138653_17231396.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-06-30 13:36

宝塚記念

今日のコンピュータ運勢は70点。従って「宝塚記念」の馬券は購入しません。
強い牝馬と天皇賞馬で決まりだと思うけどな~

やはり馬券は買わずに、が正解でした。
[PR]
by shisenan | 2010-06-27 08:26

紫仙庵の日本酒 その7「来福純米吟醸」

茨城県、来福酒造。享保元年(1716年)近江商人が筑波山麓の良水の地に創業。
「来福」は俳句の「福や来む 笑う上戸の 門の松」に由来するそうです。原料米と水にこだわり品質一本真っ向勝負を理念とした酒造メーカー。お飲みいただく方すべてに「福」が来るように、と念じているそうです。
花酵母でお馴染みの来福が大辛口に挑戦しました。紫仙庵ではこの「大辛口純米吟醸+18」を常備しています。日本酒度はその年により若干前後するそうですが、+8くらいでじゅうぶん辛口と言えるのにそれよりさらに10多い。口当たりは清涼キリッリ、味わいはちょっとおもしろい感じ。百聞は一見(一飲)にしかず、お試しください。
f0138653_17251371.jpg


*日本酒物語による茨城県ベスト5
1、郷乃誉 2、来福 3、武勇 4、菊盛 5、渡舟
●以前は茨城県の酒として「郷乃誉」を常備していましたが、この「来復」の面白さを知ってチェンジ

[PR]
by shisenan | 2010-06-26 17:25 | 紫仙庵

W杯南アフリカ大会 日本決勝T進出

捲土重来。という4文字熟語がピッタリあてはまる今朝方の日本サッカー。(ケンドチョウライ、一度衰えたものが再び勢いを盛り返してくること)今回のW杯は戦前の予想ではほとんどの人が1次リーグ敗退でした。しかし初戦を勝ち、2戦目の最強オランダに惜敗。日本中がこれは「もしかしたら・・・?」と、しかし冷静に考えれば相手は格上のデンマーク、まぁ難しいのではなどと思っていたところ・・・。
早朝5時21分に決勝トーナメント進出が確定。日本中お祭り騒ぎです。私も眠い目をこすり快挙に酔いしれました。凄まじいのは渋谷駅前、約3000人がパブリックビューイング、カラオケなどから出て集結しだし交差点でハイタッチ、ドンチャン騒ぎです。おもしろい統計がでていました。東京都の水道がハーフタイムの時間帯に大幅に水道量が増えたそうです。これってトイレタイムなのですね。春の野球のときもそうですが国を背負って戦っている面々に感謝します。しかしスポーツだと国(愛国心)を思う心が他国同様に強いのに、他のことになると無関心なのはどうしてだろう。他国はスポーツ以外でも愛国心旺盛なのに・・。
f0138653_18183571.jpg
f0138653_18184869.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-06-25 18:18

くつしたの下

会社を辞して家業のシルク屋さんを現代風に営んでいる友人がいます。そこの商品は以前このブログでも紹介しましたが、今回は「くつしたの下」まずは、申込用紙を兼ねた商品説明のキャッチフレーズを見てみると「シルクのチカラを手軽に毎日!目からウロコの履くだけ足先革命!」通販的キャッチで「おもわず!感」はあるがよくわからない。そこでじっくりコピーを読ましてもらうと、なかなかの優れものであることがわかる。このくつしたは指先半分がミソ。このままそれこそくつしたとして利用してもOK。このくつしたのうえに従来のくつしたを履いて重ね履きでもOK。指1本1本をシルクが包み込んでくれるので、私の印象では1、それこそ地に足がついている感じ。2、指先1本1本が意識される。3、指の汗ばみなどが吸収されサラサラした感じ等があげられる。近々ゴルフに行くので試してみよう。1日汗ばむスパイクを履いてのプレイが指先爽快でスコアがアップするかもしれないし・・。
f0138653_14144789.jpg
f0138653_14151584.jpg
f0138653_14154379.jpg
f0138653_1415578.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-06-25 14:16

紫仙庵の日本酒 その6「手取川大吟醸」

石川県、吉田酒蔵店。明治3年(1870年)創業。2009年IWCのSAKE部門・純米の部にて最高賞を受賞しました。手取川の酒は伏流水と白山からの清澄・寒冷な空気、そして豊かな米の実りが生み出しました。
ここの杜氏の言葉で、「米と水から清酒ができるのは理屈で分るが、なぜ味と香りがうまく調和し独特の風味が醸し出されるのか・・・これの日々追求である」と語っています。
何年も酒造りを手がけそれでも追及する姿勢、美味しい酒を皆に飲んでもらいたいからという情熱。そんな心意気が手取川に表れています。紫仙庵では山田錦45の大吟醸を常備しております。フルーティで口当たりがすばらしい酒で人気を博しています。
*「日本酒物語」による石川県のベスト5
1、天狗舞 2、菊姫 3、手取川 4、加賀鳶 ⑤、常きげん
 店主が選ぶと「手取川」
f0138653_11221681.jpg

日本酒度+2

[PR]
by shisenan | 2010-06-24 11:22 | 紫仙庵

林試の森公園のアジサイ

林試の森公園のアジサイといタイトルにしましたが、正確には羅漢寺川プロムナード沿いのアジサイたちです。その昔(50年くらい前)この羅漢寺川はどぶ川の親分のようなけして綺麗とは言えない川でした。当然そのときはアジサイなどはなかったように思います。時を経てどぶ川は地下に潜りその上が綺麗な遊歩道として
生まれかわりました。そのときにアジサイが植樹されたのだと思います。様々な色・かたちのアジサイが今を旬と咲き誇っています。これだけの素地があるのだから公園も含めてアジサイの名所となるような試みをしてみてはどうだろう。きっと都民(区民)近郊の人たちの眼をなごませてくれると思います。
f0138653_9354769.jpg
f0138653_9362100.jpg
f0138653_9362071.jpg

[PR]
by shisenan | 2010-06-24 09:36 | 行きつけ処シリーズ

紫仙庵の日本酒 その5「楯野川大吟醸」

山形県、楯の川酒造。小さな蔵元、若き醸造家が醸し出す美酒、それが「楯野川」。
山田錦を50%まで磨き上げた大吟醸は芳醇なそして華やかな香りとまろやかな風味が特徴です。
紫仙庵では純米酒を基本としていますが、この楯野川は「大吟醸」をラインナップのなかに入れています。何銘柄か飲まれる方の最初のお酒として、また口あたりのよさからか女性の方に人気があります。
f0138653_18472891.jpg

*「日本酒物語」による山形県のベスト5
1、十四代 2、出羽桜 3、くどき上手 4、初孫 5、香梅
 店主が選んだ「楯野川」は8位

日本酒度+4

[PR]
by shisenan | 2010-06-23 18:47 | 紫仙庵