団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2009年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

第76回日本ダービーその2(レース前夜)

皐月賞馬アンライバルトは18番の最外枠、皐月賞も16番枠と外枠でした。脚出を考えると内で包まれる可能性があるので外は良いかもしれません。過去のデータを見れば皐月賞組はやはり強い、そして1番人気に推された馬はかなりの確立で連帯にくると出ています。やはりこの馬は捨てられません。しかし絶好の枠を引き東京コースのG1を勝っている馬がいます。「ジョーカプチーノ」お父さんがマンハッタンカフェ、カフェ→カプチーノ。コーヒーがらみのお名前です。全走NHKマイルで2着馬を2馬身ちぎった足は見事。
隅ずみまで調べていくうちにカプチーノ君は親近感を覚える事項が2つありました。馬主さんのお名前が「けいさん」といい、生産牧場が「ハッピー」と書かれています。これは娘の名前と飼っていた犬の名前と同じです。
何か因縁を感じます。従って軸はジョーカプチーノで決まり。後はデータに基づきアンライ君と東京なのにナカヤマ君、そして皐月賞の雪辱を願い同じ枠にに入ったロジ君。リーチ君は最後まで迷いましたが皐月賞のときの騎手のコメントが直線の長いコースではムリ!このコメントがひっかかり外します。
オッズ的には30~200倍ぐらいと思われ楽しみな馬券となりそうです。
(ダービーその3は当たったときのみ記します)
f0138653_18421633.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-30 18:44

山葵(わさび)

蕎麦店では山葵はかかせない添え物です。紫仙庵ではその山葵は御殿場の山葵栽培農家から直接買い付けています。山葵についてお話しをさせていただくと、アブラナ科の植物で原産地は日本。学名もワサビアジャポニカといいます。古く奈良時代から薬用として珍重され江戸時代に入り寿司&蕎麦の普及とともに広く一般化したそうです。(先日ご来店のお客さまが素朴な疑問としてだれが・どのようにして蕎麦に山葵をと考えたのか?と言われましたが、確かに先人の知恵は素晴らしいものがあります)山葵ですが江戸時代も当初は自生しているものを採取していたが天城湯ヶ島の山守の人が山葵の栽培をした。それから伊豆天城は山葵の有名な産地となっている。その他様々な地域で栽培されているが、共通した地域特性は水が綺麗・水温が11度~14度位で一定の流れがある。しかも回りは広葉樹などの緑が生い茂っていて自然環境が整っている。山葵の辛さはシニグリンが摩り下ろされる過程で酵素と反応して生成される。この辛さは生臭さを消し味覚と臭覚を刺激し食欲を増進させる。また、防腐作用・殺菌作用もあるとされている。以上のことから生魚を扱う寿司は大変理解できるが「蕎麦」は?となると相性のいい醤油、そして蕎麦を啜るときの臭覚作用からきたのではないか?ぐらいしか思いつきません。
日本古来から珍重され世界に広がった「山葵」。最近ではチョコレートやアイスクリームにも使われているそうです。
f0138653_104529.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-30 10:09 | 紫仙庵

つもり違いの10か条

毎週買出しに行っている築地場外にある乾物屋さん「寿屋」のレジの前に面白い張り紙がしてありました。
そこのお姉さま(私より歳上なので)が自分の自戒と社員の教訓のために貼ってあるようです。私も教訓とさせていただきました。いくつか紹介させていただくと*高いつもりで低いのは「教養」・・・言えてるね。*深いつもりで浅いのは「知識」・・・・反省してます。*薄いつもりで厚いのは「面の皮」・・・・これは多少OK。*少ないつもりで多いのは「無駄」・・・これは納得。*浅いつもりで深いのは「欲」・・・いずれも身に覚えがあるものばかりで文字のひとつひとつが身に沁みます。たまに自分を客観的に見つめて足りないものは補い、過剰なことは慎むことが大事。私自身サービス業に身を置き換えてしみじみ思います。昔の私だったら張り紙に目が留まることもなかったでしょうし、教訓じみた言葉には興味も関心もありませんでしたから。人間歳とともに日々成長?
f0138653_12485057.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-29 12:51

第76回日本ダービー

今週の日曜日は第76回日本ダービー。3歳の優駿18頭による競馬の祭典です。前にも記しましたが店がある、ここ目黒は記念すべき第1回の日本ダービーを行った地です。それゆえか競馬の魅力にとりつかれて約40年。以前のように毎週馬券を購入というのではなく気に入った馬、気に入ったレースのみ楽しんでいます。
ダービーを初めて観戦し馬券を購入したのは競馬を初めてまもない頃。スタート前の雷光が波乱の様相を物語り人気薄の「アサデンコウ」が見事に優勝したときです。それから年月は流れ、タニノハローモア、・・・・アイネスフウジン・・・・・・最近では負けはしたがアサクサキングス、アドマイヤメインなど出走する馬のなかでダービーに関しては先行する馬が好きになった。東京のコースは直線が長く差し・追い込み馬にとかく目がいくが、意外や前にいる馬が残ることが多々ある。今回のダービーは皐月賞馬アンライバルトとトライアンフマーチが人気になると思われるが、いずれも後ろから、従って好きな前に行く馬を是が非でも狙いたい。そのなかでも前回大負けし人気が落ちるリーチザクラウン・ロジユニバース。そしてジョーカプチーノあたりも面白いと思われる。
いずれにしてもオークスとは違い皐月賞の1・2着馬では簡単に決まらないはずで荒れる気がする。
日曜日が楽しみ・たのしみ・当たればもっと楽しい。
f0138653_15172984.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-27 15:19

行きつけ処シリーズ43 「青山WE」

過日、古くからの友人よりお知らせの葉書をいただいた。「青山にWEという酒場&レストラン」を開きました。
その友人は広告の仕事をしている傍ら南青山にレストランを経営、そして2号店を開店した。早速、女房とランチに行ってきました。エスニックとも言えずジャンル分けできないがアメリカンテーストの雰囲気が漂う居心地のいい店です。翌日、かねてより私の店のアルバイトをしてくれてた東北から上京した美人(?)姉妹と、食事をともにすることになっていたので連日「WE]にお邪魔しました。夜の骨董通りはかっての賑わいが薄れ歩行者もちらほら、「う~ん、ここら辺りも不況の風が・・・」店に入ると私たちには嬉しい(店にとっては悲しい)貸切状態。ビールにつまみ、料理に・・・そして最後に〆の「からみおろしうどん」を食し、喋って飲んで&食べての楽しい時間を過ごしました。姉妹たちは原宿まで歩くとのことで一緒に駅まで。途中生まれ変わった「kinokuniya」、ブランドショップを見ながら参道を駅に向かう。途中、明日の朝食のためにお気に入りのパニーニの店「カフェ・ド・プー」に寄りテイクアウト。おしゃれな街を若い姉妹とそぞろ歩き10歳は若返った気分の1日でした。

電話「we 03-3486-6447」f0138653_1041184.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-27 10:43 | 行きつけ処シリーズ

昼顔

目黒通り油面交差点を南に向かうと右手に教育研究所跡地が、そして左手に農林中央金庫の社宅跡地があります。ついこの間までは両方併せて数百名の人たちが働き・生活していましたが、今やゴーストタウン状態。その跡地にひっそりと「昼顔」が咲いていました。手入れはされず草ぼうぼうのなかにけなげに咲いています。昼顔はヒルガオ科で名前のとおり「昼」に開花し夜にはしぼみます。5月の中旬~10月ごろまで花を咲かせ、万葉集でお馴染みの大伴家持もその様子を詠っています。朝顔、昼顔、夕顔はよく知られていますが、調べてみたら「夜顔」というのもあることを知りました。みんなヒルガオ科に属するようです。
昼顔というとその昔かなり衝撃的なフランス映画も思い出します。芸術作品だということで当時観ましたが、理解に程遠い難しい映画だったと記憶してます。(ひまわりのほうがまだ理解できた作品でした)
話しがそれたついでに「朝顔」の話し、「朝顔市」について記しますと新卒初めての職場で仕事はそれくらいにして入谷に行ってきなさい。と言われ鬼子母神の朝顔市を見学させられました。(業務命令)いまだにその訳は解りませんが、f0138653_11432381.jpg日本の伝統的文化・慣習が好きになったのはここからスタートしたのかも知れません。

[PR]
by shisenan | 2009-05-24 11:43 | 目黒界隈

月1ゴルフの中間総括

今年は1月に「玉造ねじきコース」にて初打ち44,41回。まぁ寒い中今年初ということで充分なスコアだったといえます。2月は何かと忙しくまた寒いのでお休み。3月は店のゴルフコンペがあり練習をかねて「かさまフォレスト」に、女房と2サムでコンペの調整のつもりでしたが女房のお世話係りとなりスコア作れず40,47回。同じく3月店のゴルフコンペ.。主催と幹事と睡眠不足と疲労で(ゴルフで言い訳はダメといわれていますが一応事実なので)生涯ワースト3に入る51、57回。4月は「かさまフォレスト」にて40、44回(70だいで回る予定がポカがありこのスコア)。5月「カレドニアン」絶好のコンディションのなか46、44回。完全に月1ゴルファーで平均90,6回。まぁこんなものかと思いますが情けない気持ちにもなります。(昨年平均85回はかなり難しい感あり)
そこでどうしてこのようなスコア(ゴルフ)になってしまったか、の分析をしてみると、①圧倒的な練習不足、行きたくても行けない環境と向上心の欠落。②年毎に衰える体力とパワー。③常に腰痛と隣り合わせの体調。
などがあげられるが決定的なのはゴルフに対しての情熱と気力が以前と比べて落ちたことだと思われる。
これからゴルフシーズン真っ盛りとなるにあたり腰に負担のかからない、かつまっすぐに飛ぶ打ち方を見出し、身体を鍛えスコアつくりに励まないと「単なるゴルフが好きな(好きだった)おじいさん」になってしまう。
6月からは左手のリードで振り切るスタイルでやってみよう!まずは1日、会場は「美浦ゴルフ倶楽部」
f0138653_17494422.jpg

[PR]
by shisenan | 2009-05-23 17:52 | ゴルフ

Vシネマ

店舗併用の店だと「仕事のON,OFF」のスイッチ切り替えが難しい。通勤時間というのはあまり長いとくたびれるがスイッチの切り替え作用としては効果的。我が店は店舗と家の通勤時間は5秒、これでは切り替えを何か見出さないとず~とON状態になってしまう。そこでブログの書き込み、(そんなに毎日ネタがあるものではない)TV鑑賞、(これはつまらない番組が多くあまり見ない)外食、(これも飽きてくるしお金がかかる)・・・
従って最近はDVD鑑賞。お気に入りの「レンタルショップ11」にて借りたデータを記録してもらい(何を観たか忘れることがある)まとめて借りてくる。かなりの数を観てくるとジャンルを変えないと(お気に入りは勧善懲悪のシンプルなもの、考えさせられるものはダメ)観尽くしてしまう。このところ新しいジャンルとして「Vシネマ」に凝っている。これ!面白い。その昔、学生運動が盛んなころ気分転換にと東映の「やくざ映画」を観ました。
往年のスターがかっこよく決めスカッとした気分になったことを思い出した。Vシネマもまったく同じ、ストーリーはだいたいみな同じであるが(出てくる人たちも同じ)スカッとするし気分転換ON,OFFの切り替えにはもってこい。このジャンルはまだまだ在庫本数があるようなので「なに!こら」「おんどれは~!」が当分スピーカーから流れる予定。
f0138653_15542544.jpg

[PR]
by shisenan | 2009-05-23 15:56

マスク その2

本日(5月21日)「マスク」現象についてを新型インフルエンザ関連で記しました。その後、産経新聞を購入し読んでいたら生活の面に同じようなことが記してあったので紹介かたがた続編。
「予防効果なし!?過剰防衛」「効果の認識国内外でズレ」というタイトルで書かれています。インフルエンザの端緒となった都市NYではほとんどの人がマスクは着用していない。その理由は「怖がるほどの病気ではない」「格好が悪い」「インフルエンザに感染していると思われるから」インフルエンザ予防のためにマスクをかけるのはアジアの一部の国と日本だけ、欧米では自分への感染がマスクで防げるかどうかはっきりとした効果があるとされておらず、マスクは自分が第三者に移さないためのものとされている。それよりか手洗いを徹底しているらしい。全くの同感なので記しました。マスクに群がりマスクで一儲け(何々買ったらマスクがつきますとか、プレミアム価格とか、韓国では日本にマスクを買い占められたとかetc)マスクパニックはやめましょう。
近所の薬局では本日だけでマスクの問い合わせが400件を超えたと言ってました。????
そしてTVのニュースで報じていましたがアメリカでこのインフルエンザは52歳以上の人には何らかの抗体がありかかりにくいと発表したとか。理由はともあれ、f0138653_1818934.jpgこれ友人が言っていたのと同じだったので再度記しておきます。
これが本当ならマスクパニックは半分以上収まるかもしれません。なにぶんその年代周辺の人があせって買い求めているのですから・・・・。
当然解散選挙も延びるでしょう、候補者は握手もできず街頭にも立てず、集会も開けない。そしてマスク越しの演説では・・・・・?
[PR]
by shisenan | 2009-05-21 18:21

マスク

新型インフルエンザが蔓延している。毎日その人数は増え、ついに東京でも・・・・・。行政をはじめそこかしこでその傾向と対策を発表しマスコミが煽り立てている。弱毒性のインフルエンザとはっきりしたなら季節性のインフルエンザと遜色なしで、そんなに騒がなくともいいのでは?と思ったりする。
TV画面で見るとマスク人のオンパレード、株式欄でもマスク関連の会社は株があがっている。1億総マスク現象、これは国民性なのか何か起きると「それ~と」買い求める。持っていないと不安、いわゆる備蓄というやつですが、それではマスクはどんな効能があるのだろうかと調べてみると、①ウイルスの侵入を防げるか→防げない。②菌を飛び散らすことを防げるか?→これはOK(菌はあまりにも小さく軽いため唾液などと一緒に外に出て行く、従って飛沫防止となる)それだったらマスクをしている人は感染者?確かに保湿効果があり喉にはやさしいのですが。
医者がマスクをしているのは話したとき唾液などが患者にかからないためというのが主たる目的だそうです。
ましては家庭用マスクで感染防止は変です。そこらあたりをなぜマスコミはきちんと伝えないのでしょうか。
それとも知らない効能がマスクにあるのでしょうか。私みたいに別な目的でマスクがいる人は購入出来ず迷惑してます。友人が先日言ってました「60歳以上の年寄りは今度のインフルエンザかからないみたい。感染者は若い人よ」これ根拠ないのでは?単にお年寄りは人ごみに行くことが少ないからのような気がします。
f0138653_13462862.jpg
[PR]
by shisenan | 2009-05-21 13:48