団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2008年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

国民栄誉賞

過日亡くなられた作曲家の遠藤実さんが来年1月23日に国民栄誉賞を授与されることが決まったそうです。「星影のワルツ」「せんせい」「高校3年生」「北国の春」などだれでもが口ずさめる名曲を作曲され受賞に値する偉大な方だと思います。そこで過去にどんな人が受賞しているか改めて受賞者を調べてみた。第1回の王さんから高橋尚子さんまで15名の方々がいらっしゃる。それぞれ国民に感動を与え素晴らしい人達です。それではどのような基準で選ばれ、だれが選出しているかを見てみると、基準はどうもあるようでない。だれが、は総理大臣が決めるそうである。「う~ん?」もちろん、だれかが推薦して総理のご了解を得るのだろうが。この人達はどうして選ばれなかったのかという人が数多くいるのも何か納得がいかない。内閣支持率との関連性も調べようと思ったがあえて止めました。国民に愛され感動を与えやすいからスポーツ選手が多いのか、作詞家はいなく作曲家がなぜ多いのか。「やはり・・・・・わからない」個人的には阿久悠さん、長島茂雄さん、も当然入っていていいのに。田村亮子さんは、・・・・・・・柔道、水泳の記録を達成した選手は?「う~ん、わからない」。ちなみに盗塁で記録をつくった福本選手とイチロー選手は辞退したそうです。f0138653_22592329.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-26 23:18

今日TVのスポーツ番組を見ていたら楽天の岩隈投手がゲストに出ていた。およそスポーツ選手とは思えない優しい顔立ちだが本年の投手部門のタイトルを総なめした素晴らしい選手だ。今日の対談で初めて知ったが彼のグローブの内側に「絆」という文字が書かれ、その文字の意味を大切にし本年の成績につなげたとのこと。「家族と」「ファンと」そして応援してくれる様々な人との「絆」だそうだ。聞いていて心が熱くなった。2年間どん底に落ち疑獄を見た男の心の支えが「様々な絆」だったのである。いま日本の社会全体で必要なことは「絆」ではないだろうか。海外の人たちが日本人を評価していたことは本当にまだ存在しているのだろうか?家族愛?友情?親子?近所?会社???どれもこれも皆?マークばかり。人としての本質、大切に思う心にもう一度目をむけ岩隈投手を見習うことが必要だと思う。そう言えば今年の紅白歌合戦は「絆」という文字がコンセプトに入っていたような気がする。
そして偶然にも最近お邪魔している不動前にあるBARは「絆」という名前。今日改めていい名前の店だな~としみじみ思いました。
f0138653_22331963.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-22 02:08

クリスマスイルミネーション

先日六本木のミッドタウンに行って来ました。夜の六本木界隈は何年ぶりでしょうか。この地は平日にもかかわらず人の波で賑わいを見せていました。いま本当に世の中で言われている「不景気」なのかと錯覚すら覚えます。かつて見た六本木ヒルズのイルミネーションも綺麗でしたが、初めて見るミッドタウンのイルミネーションには他にない神秘性が漂っています。青色のLEDが一面に輝き木々にはそのカタチを造形美とする灯りが点っています。おそらくコンピュータで制御されるのでしょう、色とデザインが変化するファンタスティクな世界が見ている人の心を奪います。日本はもちろん世界で地球温暖化、ECO、資源の大切さなどが注目され無駄な照明など廃止すべきと私は常々思っていました。しかし不況で世の中ギスギスしているからこそ、この限られた次期にいやなことを漆黒の闇に溶かし「灯り」に心を癒すことも必要なことであるとこのイルミネーションを見て思い改めました。(なぜ混雑すろ程の多くの人たちが見に来ているのかも解かりました)必要の是非は物差しだけでは計れないということです。あと僅かでクリスマス。大切な人を想い、幸せを祈りクリスマスを迎へf0138653_1111640.jpgそして新しい年へとつなげたいものです。
[PR]
by shisenan | 2008-12-22 01:23

紫仙庵の電柱広告

私は、蕎麦店を開業する以前は広告会社に勤務していました。広告の価値、広告の必要性、そして広告の役割などは熟知しているつもりです。開業し数ヶ月程経つとどこからともなく様々な媒体から広告出稿依頼がきだしました。インターネット、電柱、タウン誌、看板etc。以前はクライアントに対し広告に関する計画案をプレゼンテーションする立場でしたが、一転してプレゼンテーションを受ける立場となりました。「そういえばこんな感じで説明していたな~とか、こんな質問されたらいやだったな~とか」状況が読めてしまい提案する人がかわいそうになります。こんなちっぽけな店に対しても営業してくる担当者たちの真剣さは伝わります。しかしかつて私たちがよく言われていた「それをすることによってどういった効果が得られるのか」についてはすべて不明確で通り一遍の回答しかもらえませんでした。広告費はばかになりません。広告目的に対しその効果を明快に示す必要があると、私の過去の反省を含め実感します。検討した結果今は店から少し離れた電柱に案内広告を出させてもらっています。これは店のPRとかよりもお客様がいつもこの辺りで店の場所の問い合わせをしてくるからです。なにぶん不便なところにあるのでお客様への道案内を目的としました。この電柱広告は雨の日も風の日も昼夜問わずこの地で店の案内係をしてくれる今や頼もしい存在となっています。
f0138653_016373.jpg

[PR]
by shisenan | 2008-12-22 00:22 | 紫仙庵

勝手にTVCM批評シリーズ 6 「アフラック」

生保会社アメリカンファミリーのがん保険でお馴染みの「アフラック」のCM。かなり前はキャラクターの「あひる」がいないCMが流れていたと思うが、7~8年前からあひるが登場し「アフラック!」とサウンドロゴを言うようになった。聞くところに寄ればあひるの鳴き声と「アフラック」が類似しているところからキャラクターとして起用されたらしい。キャラクターのあひるの愛くるしさもさることながらこの一連のCMは「音楽」の素晴らしさだと思う。「あひるのワルツ」と称する歌は歌詞がたくさんあり企業広告と商品広告で使い分け、さらにはシチュエーションごとに違う。アコースティクなものあり歌あり・・・。「アヒルンルン、アヒルンルン、クワッ、クワッ・・・。」というものから「ここはとあるあひる町・・・・。」といつたストーリー性のあるものまでマユミーヌという歌手が歌っている。この声、歌唱力がいい。メロディーはワルツで調子をとりやすく歌詞も覚えやすい。私は何か他の用事をしていてもメロディーが流れると「アフラック」のCMだと脳が覚えてしまって、まさに広告担当者の術中にはまっている。この歌手のCDが発売されていると聞いたので早速購入しようと思っている。f0138653_1181575.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-21 11:18 | 勝手にTVCM批評シリーズ

行きつけ処シリーズ 26 「碑文谷公園」グラウンド

その昔碑文谷公園の池は灌漑用の溜池でかなりの大きさであったらしい。将軍がこの地に鷹狩りにやって来る目的のひとつが池に飛来する野鴨であったようだ。この公園近くの鷹番という地名は当時鷹匠が住んでいた名残とのこと。現在は公園の池を中心に小動物がいたり花が植えられたりで四季を通じて楽しめ休日には賑わいをみせている。通りをはさんで隣接した敷地には球戯場がある。以前は第一勧業銀行のグラウンドであった。(2001年に碑文谷公園となる)野球大好き人間であった私はこのグラウンドにはたくさんの思い出が詰まっている。あるときはマウンドでその勇姿を誇り、またあるときはライトフェンスを越えるホームランを、大事な場面でエラーをしたり、勝ったり負けたりに一喜一憂した若かりし頃のことが訪れるたびに蘇る。試合が終わり池のほとりを歩き、学芸大学駅までの道すがらちょっと寄ってはジョッキを空け、ラーメンを啜りチームメイトと騒ぐことがしばしば、それも楽しみのひとつであった。今はと言えば野球とはまったく関係なくちょっと寄るその楽しみのみに集約し学芸大学駅周辺の同じような店でジョッキを空けている。
f0138653_014315.jpg

[PR]
by shisenan | 2008-12-19 00:18 | 行きつけ処シリーズ

流山おおたかの森駅

この12文字と長い駅名はツクバエキスプレス(TX)の流山にある駅です。自宅が流山にある関係上この鉄道が開業してからは常に利用しています。都心(秋葉原)まで約30分と便利になりました。流山の地に都内から越してきて36年、当時は森と畑の大自然いわゆる田舎でした。近所にはスーパーなどなく柏へ週末ごとに買出し。やがて柏駅周辺が再開発されデパートができ店舗も増えましたが、流山は取り残された状態で開発とは無縁のみどりの地でした。鉄道が通り都心へのアクセスが便利になることは喜ばしい反面、豊かな自然が無くなっていくことは寂しいことでもあります。駅名の由来通りこの駅周辺は以前から「おおたか」が住み本当に豊かな森がありました。一部は残っていてそこにはまだおおたかが生息しているとのことです。何ヶ月前だったか近所の中学校のネットにおおたかが引っかかり生徒たちが保護したと記事になっていました。市民はおおやかとの共存を真剣に考えないと快適&便利という都会のキーワードだけでは「元おおたかの森駅」になってしまいます。
全くの余談。最近になって気づいたのですが駅内改札近くに鉄で出来た立派な馬の像があり(木下哲人作)時代を拓く街 ironhorseとあります。ちょっと唐突感があり、何で設置されているのか解かりません。
f0138653_2044144.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-17 20:14

たばこと私2

f0138653_23163475.jpg
ニュースで信じられない事が報じられた。昨日の三田線の不通の原因が白金高輪駅の引込み線において関係者が電車待ちの間の数分間にたばこを吸っていた。それは昨日今日のことではなく以前からのことで排水溝には吸殻がたくさんあった。不通の原因はその煙だとか。
たばこに対する社会環境が悪化となっている現在、こんなことが起きるとたばこが悪い、たばこを吸うことがよくないとますますなってしまう。そもそもたばこはホーム内では皆吸えないし、それなりの理由があり決まったこと。それを地下鉄関係者が違反していたなど憤りを感じる。
本日、五反田駅近くのたばこ屋さんの灰皿側にキャンペーンガールがたばこのサンプリングをしていた。近年ほとんど見かけない光景で興味があり、そこでたばこに火をつけると案の定話しかけられた。「マールボロ」の新製品で1mgなのに味わいがあるとのこと。以前は喫煙者(もちろん成人男子)が大勢いたが今では少なくサンプリング対象が見つからないらしい。JTがさかんに分煙のCMを流しているが、たばこ&吸う人がすべて悪いという通念を積極的に打破するメッセージを発信して欲しい。でないと喫煙者は後ろめたくやがて禁煙者になってしまう。
私はもう半分なりかけている。

[PR]
by shisenan | 2008-12-16 23:18

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ3 紫カントリーすみれコース

昨日は千葉県の名門紫カントリーすみれコースに行って来ました。前日の雨はすっかり上がり抜けるような青空微風の絶好なゴルフ日和。同伴者はよき友でありライバルのMさん、元の会社の部下Nくんのスリーサム。最近はどこのコースも携帯電話の電波状態が良く私は携帯電話をコースに持ち込むことが常となっていました。1番ホールスタート、無難にパーをとり2番ホールティショットセンターキープ、そこで携帯が鳴り出しました。出れば我が女房から、話の内容は義理の父が緊急入院し危篤の知らせでした。早々に切りあげ病院へと向かいました。私の影響からか同伴者も集中してゴルフができず、大変迷惑をかけてしまい申し訳なく思っています。思い起こせば5年前やはりゴルフをしていて呼び出しアナウンスが、そして母が危篤の知らせを受けました。当時はゴルフ場には電波が届かないことが多く持ち歩きません。従ってアナウンスなり伝言という手段でした。今はどこでも通話可能となり緊急時の連絡など大変便利になってます。携帯電話のお陰で死に目に会えました。f0138653_22105981.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-16 22:13 | おじいさんは山に芝刈りに

勝手にTVCM批評シリーズ 5 「小林製薬」

小林製薬という会社は「あったらいいな!」と思われる商品を次から次へと発売してくるから興味がつきない。その中でもおそらくベストセラーになっているであろうと思われる商品に「タフデント」という入れ歯除菌の商品がある。TVCMの画像はみのさんと商品ぐらいしかない。しかし私みたいに必要のない人でも覚えてしまうインパクトがそこにはあります。若者からお年寄りまで、それこそ全国区のみのさんが例の口調で語りかけます。「除菌ができるタフデント」「大事なことですから2度言いましたよ」。これは商品を認知してもらうにあたり商品名を繰り返し告げる連呼型CMという手法のなかで傑作ではないかと思います。
ターゲットであるお年寄りの頭に刻ませる「大事なこと」というフレーズ、たぶんいつも視聴しているワイドショーの紹介コーナーとのオーバーラップが15秒間の中に巧みに計算されています。視聴した顕在層はおそらく商品名をメモすることでしょう。もちろん予備軍の私もしっかりとf0138653_11112829.jpgインプットさせられました。

[PR]
by shisenan | 2008-12-14 11:12 | 勝手にTVCM批評シリーズ