団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第一回紫仙庵ゴルフコンペ&懇親会

かねてよりお客様から主人がゴルフ好きなら店でゴルフコンペを開催したら。などとアドバイスをいただいておりました。そんな話を何人かのお客様にしたところ「やろう!」との賛同のお言葉を頂戴し開催した次第です。会場はお客様が理事をされているコース。ほとんどの方が初顔合わせ。しかしハーフをあがり昼食どきには何年来かの友人のごとくなっていました。
月曜日に行われたゴルフコンペの懇親会はその週の土曜日に紫仙庵で行いました。皆さんゴルフで面識ができ、大変盛り上がりました。ゴルフが好きで蕎麦が好き。そんな人たちの「輪」が広がり楽しい仲間が出来本当に開催してよかったと思っています。優勝&準優勝の方々は「鴨鍋コース」と「福井のこしひかり」が賞品です。参加賞は全員に「お茶ペット20本のケース」。次回はさらに魅力的な賞品を提供できるよう心がけます。蕎麦&ゴルフ好きな方参加してくださ~い!お待ちしております。

[PR]
by shisenan | 2007-04-21 23:16 | 紫仙庵

団塊マネー

先日、新聞に団塊マネーの記事が載っていた。みずほ総合研究所の試算によると今後3年間の退職者は539万人、退職金は49兆円。今年の退職金は約16兆円だそうである。そのうち約7.5兆円が金融資産に4兆円がローンの返済に、残りの約4.5兆円が消費にまわるとか。
団塊世代当事者とは本当なの?と目を疑うがどうもそうらしい。この消費にあてる金額を様々なマーケットが狙っている。昨年来新聞などの広告を見ると明らかにそれと解かるメッセージが目に付く。私たちの世代は物心ついたころから常に競争を義務付けられ勝者になるために頑張らされてきたが、リタイヤした後競争世代のゴールとして退職金の多い・少ないという証で色分けされたような気がする。そういえば友人は若いころ憧れだった2シーターの車を購入した。
団塊世代にも様々なひとがいるのですが・・・・。なんかブログタイトル変えたくなった。

[PR]
by shisenan | 2007-04-13 23:40

ゴルフスイング2

ゴルフを再開してからスイングが不安定。いいショットが出れば悪いショットもでる。特に右肩が前に出てボールを迎えにいく打ち方になる。上半身と下半身が同じに動くからノックダウンとなりボールは左にチーピンとなることが多い。スコアにならず困った。プロに見てもらったら切り替えしでシャフトが降りてくる角度があまりない。もっとねて降りてこなければいけない。カタチは解っても身体が解らない。先日コンビにで谷将貴プロの本を発見した。DVDも付いている。これはすごい。私の悩みが全部論理的に説明されていて言葉と映像で解説してくれる。目から鱗、この本はゴルフスイングに悩んでいる人にはお勧めです。(谷将貴のDVDで完全基礎がためゴルフスイング880円)昨日練習場では気分は片山晋呉みたいでした。
[PR]
by shisenan | 2007-04-11 22:46 | ゴルフ

花やのお姉さん

一昨年生まれ育った目黒の地に34年ぶりに浦島太郎状態で舞い戻り蕎麦店を開業しました。昔の面影はのこっているものの様相は変わっていて、地域コミュニケーションはおぼつかないありさまでした。私の店の近くに小中学校の同級生の姉兄で営んでいる花屋さんがあります。
その花やさんは地域密着で何十年も営んでいて地域のことなら何でもござれ。私に様々の人を紹介してくれました。とりわけお姉さんは温かく迎えてくれて、いまや私の店の広報部長を兼任してくれています。地域に根ざすことの大変さ、地域コミュニケーションの大切さを身にしみている毎日です。私同様団塊世代の多くの方々も職縁から地域の縁に転換せざるを得ない状況にいずれなるかと思いますが、肩書きを忘れご自身の趣味なり何なりで積極的に地域活動に参加することをお勧めします。きっと温かく迎えてくれる花やのお姉さんのような人がいて新しい人脈が拡がると思います。
お姉さんの花やさんは目黒通り油面交差点「東京ガーデン」という花やさんです。f0138653_233593.jpg

[PR]
by shisenan | 2007-04-03 22:33 | 目黒界隈

70過ぎてからの起業

私の店の近くに陶芸と版画を常設しているギャラリーがあります。そこの女性オーナーは70歳を過ぎてからギャラリーを開設しました。過去に勤めたこともない専業主婦でした。伊豆にてリハビリ療養中に陶芸と出会い自然の移ろいを感じながらこの先の人生の光明を見出したそうです。主婦といった限られた範囲の交際・出会いからギャラリーを始めてからは様々の人と出会える「縁」が広がっています。何歳でも起業することは大変なエネルギーが必要。ましては70歳過ぎてからでは大変なことです。ギャラリー内でのイベントを日々企画しそこにお客様にきていただく苦労は計り知れませんが、ご来店いただくお客様の笑顔が何よりの良薬のようです。私も異業種にチャレンジした一人ですが彼女の心意気には足元にも及びません。ギャラリー名は「ギャラリー風と雲」といいます。目黒区の油面商店街からちょっと入ったマンションの一室です。休みは不定休 03ー5721-0876
f0138653_121656.jpg

[PR]
by shisenan | 2007-04-02 00:18