団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

カテゴリ:おじいさんは山に芝刈りに( 49 )

おじいさんは山に芝刈りに「取手国際ゴルフクラブ」

f0138653_21414395.jpg
本当に久しぶりにゴルフをしました。
テイクバックはどこにどうやって上げるのか、下ろすときに何を注意するのか?などなど自分の注意事項も忘れ、前日出来上がった新しい度数のサングラスをして、コースの練習場でボール24個を打ってみると、最悪の球筋です。(といってもボールがやはりよく見えないが)
1番ホールの第1打「どこにいった?」「左の林の前、ラフです」とつれないお答え。第2打はチョロ、第3打はまぁまぁで第4打がグリーンのエッジ、そこからよせて1パットの6.ロングでよかったね、ボギースタートです。
そんなゴルフの連続で午前は42回。
以前回った西コースとは打って変わって今回の東は庭園のような趣のホールが続きます。そのぶんトリッキーとも言えます。午後はビールなど飲んだせいか、疲れが出たせいか、ひどいゴルフになりました。合計91回。

新しく作った眼鏡でもやはりボールの行方は見えず、グリーンに乗っているかどうかもよくわからず、ゴルフが面白くありません。何となく自分の球筋とインパクトの感触と、操作などでどこにとんだかを推察する。もうキャディさんがいないとゴルフになりません。グリーンの傾斜もあやふやで芝芽等まったく読めません。

以前はAウエッジのフルショットで110Yとしていました。今回アゲンストの95YをAでフル、あたりはOK、ボールは手前バンカー。サイドフォローの115YをフルであたりはOK。手前バンカー。確実に1クラブ距離が落ちています。ドライバーもナイスなショット(1回だけ)が思ったよりか飛んでません。
飛ばない、よらない、入らない、見えない。のナイナイづくしのゴルフです。これを受け入れてプレイするか、辞めるか、頑張るか、決断するときがきました。とりあえず2週間後にコースに出るのでそこで決めましょうか・・。

近々目医者さんに行き診察をお願いしようと思っていますが、「まだこれくらいでは手術にはいたりません、様子を見ましょう。などと言われそうです。どうもゴルフのボールが追えないのは緊急性に値しないようです:
しかし、遠くが見えないのは困りもの、車の運転も控えようと思っているところです。
f0138653_21373789.jpg
f0138653_21375593.jpg
f0138653_21382490.jpg
カートではなく歩きです。17000歩歩きました
[PR]
by shisenan | 2012-06-12 21:43 | おじいさんは山に芝刈りに

かさまフォレスト、レディスディ

昨日は「かさまフォレスト」にてゴルフ。同伴者は奥様とその友人です。その日はレディスディとかで女性はお安く、男性はそのまま価格。しかも女性にはデザートがつくというスペシャルディです。
ゆっくり目のスタート時間なのでコースに着いたら練習でもして・・・などと思ってのんびり運転をしていたら、到着後はそんなに余裕がなくパター練習をしたら即GO!
いきなりのティショットはチョロ。(1回ぐらい素振りをすればよかったが、若干腰に違和感がありできるだけ振りを少なくしよう・・などと考えたのが間違い。結果的には打数が多くなり意味がない結果に)
最近でも記憶にないパー4で12回もたたく始末、がっくり。いきなり8オーバーのスタートです。

レディたちはマイペースでいつもと変わらぬ打数。「いいわね~とかナイスとか・・・」、お互いをほめあっています。こちらは意気消沈しながらプレイをするも、スコアはいっこうに縮まらず、増えるばかり。
今回のゴルフの試みの1つにまぶしさを抑える「遮光眼鏡のサングラス」をかけ効果を期待してプレイしました。まぶしさは若干抑えられましたが、100YD先はよく見えません。セカンド地点で2グリーンのどちらに旗があるのかも判らず、自分のボールがどこに行ったのか判らないので、ゴルフの面白さが半減しています。
劇的に見える眼鏡が今後ないかぎり今年でゴルフは引退の可能性が高くなりました。

その分、近くの林試の森で開催されている「グランドゴルフ」デビューが近づいた気がします。
(たぶん最年少です)
来年あたりは、「今日はどちらで?」「林試の森カントリーでちょっと・・・」とか。う~んこの感じはさびしいかも。
f0138653_161438.jpg
プリチャンの燃費平均24Km
f0138653_16143469.jpg
グリーン速さはふつうの10
f0138653_16143797.jpg
久しぶりの瓶ビールはうまい!
f0138653_1615636.jpg
f0138653_1615726.jpg
レディスショット
[PR]
by shisenan | 2012-04-25 16:20 | おじいさんは山に芝刈りに

かさまフォレスト

昨日は今年になって初めてのゴルフ。
おなじみの「かさまフォレスト」に奥様と2サムでプレイしてきました。天気予報では雨のち曇りとでていて、
「もし、雨ふりならキャンセルしよう・・・」などと思いながら床に就き、朝を迎えるとシトシトと降り続いています。
スポット天気では雨は直にやみ、曇りとか。それなら予報を信じていざ!ゴ~。コースについても雨はシトシト。スタート時間が来ました、ここは覚悟を決めてスタートホールへと向かうと、あら!不思議雨はあがり傘いらず。しかし全体にもやっています。ただでさえ白内障の影響でよく見えないのに、この天候ではお手上げです。さいわい奥様キャディが「はい!バンカーの横です」とか「ナイスオン」とか言ってくれるので大助かり。おかげさまで久しぶりのゴルフの割にはバーディが2っきました。

この日のゴルフは大振りせずにコンパクトにスイング。これが幸いしたようです。(これからはこのスタイルに徹しよう)一方奥様はコンパクトではなく大振りな豪快スイング。したがって出来不出来がはっきりしています。
どうも月末の紫仙庵ゴルフコンペを意識しているようで、わざと?バンカーに入れたり、わざと?何パットもしてみたりしていました。「いい練習になったわ・・・」とか言ってます。

今回のコンペ参加者は女性が多く、しかも初心者が多数いらっしゃいます。その数約5名。どうも奥様はそのなかで一番いい成績で上がりたいと考えているようです。(たしかに私が知るかぎりでも下位争いが激戦になる予感がします)
上位争いも楽しみですが、下位争いも興味津々。どうなることやら月末のお楽しみ。
f0138653_17392511.jpg
f0138653_17394029.jpg
f0138653_17395445.jpg

[PR]
by shisenan | 2012-03-07 17:43 | おじいさんは山に芝刈りに

ゴルフ特訓その3(石岡ゴルフクラブラウンドレッスン)

お悩みゴルファーの最終仕上げとして石岡ゴルフクラブにて、プロとラウンド。
懸案のアプローチを見てもらい、自信をつけるのが目的です。あとはモロモロ問題のありそうな箇所のチェック。早朝スタートでさすがに寒い、ゴルフ場はツーサム、しかもプロと同伴ということで1番で出してくれました。従って時間がなく練習なしでいきなりのスタート。前の晩に練習場で打ち込みすぎてからだが痛いし、寒くて十分に身体がまわりません。しかし1番はアプローチ必要なし(ミドルでセカンドがのるし・・・)、ノーカンのパターはプロから見ると「強気」のパッテイング(ホールの向こうにぶつかりボールがとびあがってから入る)2番は意図的にアプローチ(40Y)を残し、実行。これが怖いこと怖いこと・・・。チェック箇所をアタマで確認しイチ・ニーのサンと。うまくいきました。「いいですよ・・・」とお褒めのお言葉をいただき、OK。
今回初めて遠近両用ではない普通のめがね(サングラスタイプ)を使用してみました。これがグリーンのゆがみは解消したものの、アドレスでのボールとの距離感がいつもと違い不安定。2時間ぐらいしてやっと慣れましたが、こんごの課題です・・・どうしたものか。(グリーン上はOK、ボールの飛んでゆくのもまぁ見える、しかしショットを打つとき違和感あり)
石岡ゴルフクラブは約18年位前に知り素晴らしいコースと感激し、よく通いました。その後アコムのトーナメントで男子プロのショットを何度となく観て、脳裏に焼きついています。自分がかつて打ったポジション、男子プロのポジション・・・、今回の私のポジション、ティグラウンドのハンデを引いても愕然としました。
これからはショットの良し悪しではなく第3打勝負、すなわちアプローチが重要にどんどんとなってきます。ゴルフ場での様々なコースのライから実戦は練習場では出来ないよい経験。しかもそのつどプロからアドバイスがあり充実のラウンドでした。本日は雨にも降られず、新しい課題も目標もでき来年が楽しみになってきました。
これからはチャンジイゴルフの真骨頂寄せワンの鬼となるような予感がします。
(私のゴルフは豪快から繊細に変身。)
f0138653_11281163.jpg
私のショット
f0138653_11282977.jpg
プロのショット
f0138653_11284393.jpg
この時期早め?
[PR]
by shisenan | 2011-12-07 11:31 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ35 武蔵松山CC

練習量は十分、内容は不十分、天気予報はOK、体調はまぁまぁ、・・・その他ゴルフに関する準備は一応OK.
というわけで、前回紫仙庵ゴルフコンペを行った埼玉県の武蔵松山CCに行ってきました。
今回のラウンドテーマは左にいかないショット(パワーフェード)&アプローチ、パットの精度確認(実際にできるか!の確認)が目的です。同伴者はお店のお客様でコンペ常連の方たち。(奥さまも連れて行く予定でしたが都合により欠席)早めについてコースで練習をと思い向かうと、同伴の2人はすでに練習を終えて余裕の表情です。{う~ん早いですね・・さすがですね)課題である変更&修正したスイング、アプローチなどを試しましたがイマイチ。不安な中アナウンスでスタートの呼び出しが・・・。
過去のスイングを忘れ(実際は忘れられない)狙い方もま逆の狙い(球筋変更につき過去の右からまわすから左に狙いを定めるに変更)これが怖いこと。もうゴルフはじめたての初心者の心境です。
普段目に入らないハザートも目に飛び込んでくるし、怖くて怖くて楽しいどころではありません。
スコアはともかくパットは3パット4回(ハーフで)アプローチミス3回(ハーフ)狙い通りのショットは1回、で45回。嫌気が差してビールを飲みロースカツを食べ、午後はというといきなり9回。今月またプロに見てもらうまでゴルフスイングは封印。もう頭の中からゴルフをはずし無にしておかないとイメージもグチャグチャになってしまっている。これほんとうにスランプになってしまうかも、(ただこれからの楽しく出来るゴルフを目指す意味でも初心貫徹するぞ!)
タイガーがスイング変更でスランプになっているの、ものすごくわかります
f0138653_1123534.jpg
f0138653_11241965.jpg
f0138653_11243717.jpg
ここも目に入るし
f0138653_1125228.jpg
。こんなところにボールが行くし・・
[PR]
by shisenan | 2011-11-09 11:26 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ34 東庄ゴルフ倶楽部

体育の日にはスポーツを!というわけで、旗の台にあります居酒屋さんのゴルフコンペに参加しました。
ゴルフコンペは自分の店のコンペ以外では、以前勤めていた会社のコンペ(もう9年位前かな)以来かもしれません。(書きながら思い出しました。目黒区のボーイスカウトチャリティコンペに6年前参加しました)いずれにしても久しぶり。もう昔は・・・という言葉で始まる過去の記憶と経験と実績は忘れて新しくゴルフをスタート(リセット・リスタート)したつもりでプレイする記念すべき1回目のラウンドです。スタートホールから天候?寝不足?どちらも関係していると思われますが、目がショボショボしてボールがよく見えません。(オレンジボールも効果なし)第1打はフェアウエーど真ん中に、(「どこいった?ど真ん中にありますよ。」と言った同伴者との会話が。これがず~と続き、同伴者の方々にはフォアキャディをしてもらうはめに。ご迷惑をおかけました)第2打はグリーンまで120Yの打ち上げ、しかしイメージと実際の距離感がまったく合わず不安のうちにショットしたらバンカーに。
そこからが悪夢の始まりでミドルで9回を打ったりして51回。午後はビールをやめて42回。
もう飛ばないし、番手も上げて打たないと。アプローチはことごとく失敗し、パターも粘りがなくなり再生の道は険しい気がします(せめて多少なりとも上手いですね!などと言われるレベルにしないと・・・)
さて、コンペですが44名が参加の大所帯。51回の大たたきがことごとくハンデにはまり5位に入賞。ニアピンももらい、簡単なスピーチもさせてもらい、ビールもたくさん飲み、疲れたけれど長い、そして楽しい1日でした。
f0138653_1319183.jpg
砂は入り、芝がないところあり!!
f0138653_13192295.jpg
f0138653_13194669.jpg
疲れて歩かずカートに
f0138653_1320236.jpg
唯一のバーディトライ、3パットでボギーにするし
[PR]
by shisenan | 2011-10-11 13:23 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ33カレドニアンゴルフクラブ

来週の月曜日に旗の台にある居酒屋さんのゴルフコンペに参加することになりました。
その練習をかねて一緒に参加する方たちと「カレドニアン」に行ってまいりました。(本コンペは東庄CC)
このコースは友人がメンバーで何回か連れてきてもらっています。従ってキャディさんなしのセルフラウンドです。ティはお決まりのブルーから(約2年ぶりの訪問)、名物ホールのトラップ&挑戦欲をかきたてる箇所、過去のホールとその自分の結果を再現すべくトライしましたが、残念ながらことごとく無残な結果になりました。
例えば、十年以上前はコーナーをはるかに越えてグリーンが見えるポジションに1打目がいき、セカンドでグリーンを狙えた(2オン)15番のロング、今回はコーナー手前がやっと。9番で打っていたショートは8番で池に。
池越えのティショットはらくらく越えていたのが池に。林を越えていいところに出る予定が、がけ下に。もういやになるくらい飛びません。従ってリズムが崩れすべてのショットが乱れ、パターは最高5パットまでしてしまう近年ないくらいのスコア(恥ずかしくて書けません)になりました。
これは飛距離がもうこのくらいと自覚してゴルフを組み立てないと、まともなスコアにならなくなる危険性が出てきました。年とともにいろいろ衰えてきたひとつの証のようです。あと何年かしたらさらに衰えることになると思うと{ぞ~と}します。
f0138653_202610.jpg
今日はインからスタート
f0138653_20386.jpg
お決まりのブルーティ
f0138653_2032225.jpg
ショートの標識
[PR]
by shisenan | 2011-10-03 20:05 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りにシリーズ」武蔵松山カントリー

9月27日は紫仙庵の10回目のゴルフコンペでした。秋晴れの中23名の精鋭がゴルフ競技にその技と運を競い合いました。主催者&幹事としましては例によって皆さんがスタートする際に記念写真の撮影をし、(6組も撮影をすると今日1日がそこで終わりという感じになります)皆さんをお送りし、いざ自分のゴルフに気分を転換します。
内藤雄士の提唱するゴルフ理論をこれからの自分のゴルフバイブルにしようと思ってから今回は2回目のゴルフです。数十年実行してきた昔のスイングを忘れるように心がけますが、いざ!正念場とかピンチとかになると昔のスイングが出てきます。(結果的にはどっちつかずですべてミスショットとなりました)
さてゴルフコンペですが参加者23人の平均スコアは93回、上は76回から下は144回までいらっしゃいました。
今回は第10回の記念大会につきBB賞にも紫仙庵の「鍋コース2名さまご招待」の賞品がでています。この記念すべき賞はどなたがおとりにになられたか、(私のみ知っていますが内緒)興味しんしんです。
今週の土曜日の成績発表&懇親会までのお楽しみです。
f0138653_23431372.jpg
インコースよりスタート
f0138653_23433250.jpg
ハーフ3時間かかりました
f0138653_23441050.jpg
気持ちのいい天気
f0138653_23443156.jpg
こんなところに何回入れたか
f0138653_23445250.jpg
特設ティは2回利用
f0138653_23451298.jpg
プリちゃんのハッチバックと奥様のおしり
[PR]
by shisenan | 2011-09-28 23:48 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ32「セゴビアゴルフクラブ」

久しぶりのゴルフ。2週間後は店のゴルフコンペ「第10回紫仙庵ゴルフコンペ」があることだし、調整をかねて、お馴染みの「セゴビアゴルフクラブ」に行って来ました。
もちろん新しい車の高速走行を体験する意味もあります。クルーズコントロールをつけたけど、どうもそれで走行するのは不安で実施せず。ナビゲーションもいろいろいじくったけど、いまいち理解できていない。やっとドアの開け閉めができるようになった。(スマートキーなのでドアノブに触れるだけで開け閉めが可能という便利ではあるが・・・)
さて、ゴルフは9月中旬なのに真夏日、酷暑の1日。
奥様とのラウンド「私、身体が痛いからティショットとパターだけやるわ」などと言っていたのに、朝1番のショットが快調でアレヨアレヨというまに53回のハーフフィニッシュ。昼のビールを美味しそうに飲み干し、鼻息荒く友人にmail報告をしていました。そして午後のラウンドへ。懸案のアイランドグリーンも1オンし、2ホール連続パーなどもとりましたが、スタミナきれで終盤はおおたたきの63回。しかし合計116回ならこんどのコンペでダントツビリは免れそうな予感がしてきました。私は内藤雄二が提唱するハーフウエイダウンという実践理論を反復しながらプレイ。まぁいい感じのショットもありました。(わき腹は痛みと違和感がなくなりOK)
本日は41回と43回、このあたりのスコアが限界かもしれません。

先週、紫仙庵に高校時代の野球部の連中が集まりました。そのなかにゴルフ練習場で支配人をしている人がいました。店から比較的近くで、行けばショットを見てくれるとか・・・。ラッキー、近々行って見よう~と。
f0138653_15545228.jpg
ぷりチャンとクラブハウス
f0138653_15551232.jpg
奥さまナイスショット!
f0138653_1555265.jpg
突然上空に飛行機の編隊が・・
[PR]
by shisenan | 2011-09-14 15:56 | おじいさんは山に芝刈りに

おじいさんは「山に芝刈りに」シリーズ31「紫カントリーすみれ」

今日は久しぶりにゴルフに行って来ました。(完全な月1回ゴルファー)
場所はもう御馴染みの紫カントリーすみれコース。(ブルーティからプレイ)
今回プレイにあたりちょっとしたアクシデントが、4日前にトレーニングジムにていつもより負荷を3ポイント多くかけてマシーントレをしたところ肋骨が痛くなり、翌日更に痛くなり「これは肋骨にひびでも入ったか?」と思い本日ご同伴の面々に「まずいことに・・・」と連絡。先生からは「2週間くらい安静にしてれば直ります」などと言われて2日経ったら痛みが和らぎ「まぁいいか・・・」などと自己診断し本日ゴルフをしてしまいました。
朝、不安解消のため(クラブが思うように振れるかどうか)練習場にて、20球くらい打ちましたが振り上げのとき違和感がある。したがってバックスイングが浅くなる。またあまりに入らないパターをお蔵入りにし、ゴルフパートナーで中古の入りそうなパターを購入したのですが・・・。それも試したかったが時間がなくいきなり本番。
朝の第1打は40代(年齢)の同伴2人は強烈なあたりで飛ばしていきます。60代(これも年齢)の友人もかっ飛ばし、おじいさん(私)はヘロヘロ球、こんなのが何ホールか続き、我慢できずに思い切りスイングすれば違和感が痛みと変化し、ますますまともなスイングが出来なくなりました。わき腹に意識が集中し、パターも相変わらず入らず、まったくいいところなしのラウンドでした。まぁなんとかプレイが出来たのだけでもよかったというものです。それにしても若い人の強烈な振りとボールの勢いは見ていて清清しく感じます。

とにかく疲れたし、痛いし、常識あるオトナなら今日のプレイは延期したと思います。反省
f0138653_19375683.jpg
まずは練習場に・・・
f0138653_19381339.jpg
このあたりで違和感が・・
f0138653_19383229.jpg
これもお蔵入りになるかな?

翌日、やはり痛みがでてきました。猛反省

[PR]
by shisenan | 2011-08-09 19:39 | おじいさんは山に芝刈りに