団塊おやじの友縁地(ゆうえんち)

行きつけ処シリーズ22 根津「風香」

50歳を過ぎた頃から肉食から魚主体の和食党に嗜好が変化してきた。そんなある日、母の住居近くにあるこの店に立ちよって以来の付き合いである。この店は美味しい湯葉と季節の素材を活かした料理でもてなしてくれる。店の女性2人の長短コンビは手際もよく、しかも好みを熟知したスマートな対応で食事とともに過ごしている時間が心地良い。昨日も母と一緒に食事を堪能してきた。さかのぼる事4~5年前、私が店を出すにあたり是非ともここの「湯葉」をメニューに入れたいと思い、仕入先を紹介してもらった。和食素材全般、特に「湯葉」などはメタボ・ヘルシーとかを気にしている人たちには格好の食材で食しても大丈夫という安心感を得るのか人気がある。いま話題のフレーズを捩り「ポニョ~ポニョ~メタボの子」といいお腹をつまむのが流行しているとか、皆さん「湯葉」そして「蕎麦」でダイエットを。
tel03-3827-7000f0138653_10454611.jpg
[PR]
by shisenan | 2008-12-03 11:01 | 行きつけ処シリーズ
<< 勝手にTVCM批評シリーズ 1... 目黒不動の縁日 >>